ニュース

木村拓哉が蜷川実花の撮影で『AERA』表紙に、SMAP解散後の心境も

蜷川実花が撮影した木村拓哉の写真が、4月24日発売の『AERA』に掲載されている。

4月29日に主演映画『無限の住人』の公開を控えている木村。蜷川が撮影した写真は表紙に使用されているほか、4ページにわたるインタビューでも蜷川撮影の写真を掲載する。また『無限の住人』撮影時に感じた日本映画の底力、スタッフ陣による「プロの仕事」、さらにSMAP解散後の心境の変化についても率直な想いを明かしているという。同誌には『無限の住人』で監督を務めた三池崇史と木村の対談も収録。

『AERA』2017年 5/1-5/8合併号表紙
『AERA』2017年 5/1-5/8合併号表紙
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)