「真の贖罪」問う官能サスペンス 『城戸賞』受賞作を映画化する『クロス』

映画『クロス』が7月1日から東京・渋谷のユーロスペースで公開される。

映画プロデューサーの奥山和由と、映画『蝉しぐれ』で『第29回日本アカデミー賞』優秀撮影賞を受賞した釘宮慎治が共同でメガホンを取った同作。ジャーナリストによって過去の「集団リンチ殺人事件」の加害者の現在が暴かれたことをきっかけに、過去の2つの殺人事件が絡み合う官能サスペンス映画だ。

贖罪の日々を送る主人公の真理子役に、廣木隆一監督の『甥の一生』などに出演の紺野千春、真理子に敵意を剥き出しにする知佳役にシンガーで女優のSharo、知佳の夫・孝史役に山中聡がキャスティング。ちすん、秋本奈緒美、斎藤工も共演者に名を連ねている。脚本は『クロス』で『第39回城戸賞』を受賞した宍戸英紀が手掛けた。音楽は盲目のピアニスト木下航志が担当。

なお同作は『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』の特別招待作品として、本日4月21日にワールドプレミア上映された。

紺野千春のコメント

映画「クロス」が、沖縄国際映画祭という盛大で華やかな場に特別招待を受け、この作品に携わり多大なお力添えを頂いたスタッフキャストの皆様方、観て頂ける全ての方々に感謝申しあげます。十字架を背負った人間像を過剰に見せ過ぎず、日常に溶け込んでいて欲しいと言う監督の言葉を軸に撮影の間は主人公と重なり生きました。映画の中で流れる、木下航志さんの何処までも突き抜けていく美しい歌声に心癒されます。映画「クロス」を宜しく御願いいたします

木下航志のコメント

『クロス』公開が決定してとても嬉しいです。
今回この話をいただいたとき、最初は全盲の私に映画音楽ができるのか不安でしたが、ストーリーを聞いた時から音楽が浮かんできました。この映画に音楽という形で携わる事ができ、新たな挑戦が出来たことは私にとって大きな財産になりました。
私は目で見る事は出来ませんが、残る感覚を研ぎ澄まして映画館で皆さんと一緒に映画『クロス』を観たいと思います!

作品情報

『クロス』

2017年7月1日(土)からユーロスペースで公開
監督:奥山和由、釘宮慎治 原案・脚本:宍戸英紀 音楽:木下航志 出演: 紺野千春 山中聡 Sharo 前野えま 那波隆史 小川北人 柴田鉄平 白川悠衣 三田尚人 白山憲明 米山ゆき子 ちすん 秋本奈緒美 斎藤工 上映時間:89分 配給:太秦
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 「真の贖罪」問う官能サスペンス 『城戸賞』受賞作を映画化する『クロス』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて