劇場内に美術作品を展示する『KAAT EXHIBITION 2017』に田中望、宮永亮ら

展覧会『詩情の森―語りかたられる空間』が、4月30日から神奈川・横浜のKAAT神奈川芸術劇場で開催される。

同展はパフォーマンスや舞台の公演を行なうKAAT神奈川芸術劇場で美術作品を展示する『KAAT EXHIBITION 2017』の一環として開催。出展作家には彫刻家の角文平、藤堂、日本画家の金子富之、田中望、長沢明、三瀬夏之介が名を連ねている。期間中には出展作家らによるトークイベントも実施する。詳細はKAAT神奈川芸術劇場のオフィシャルサイトをチェックしよう。

また最終日の5月28日には『オープンシアター2017』を開催。館内の壁面やエスカレーター付近といった各所で飯川雄大、小林耕二郎、宮永亮、石塚源太による作品が展示される。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

イベント情報

KAAT EXHIBITION 2017
『詩情の森―語りかたられる空間』

2017年4月30日(日)~5月28日(日) 会場:神奈川県 横浜 KAAT神奈川芸術劇場 3F中スタジオ
時間:10:00~18:00(入場は閉場の30分前まで) 参加作家: 角文平 金子富之 田中望 藤堂 長沢明 三瀬夏之介 料金:一般600円 学生・65歳以上500円 ※高校生以下、障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
イベント情報

KAAT EXHIBITION 2017
『オープンシアター2017』

2017年5月28日(日) 会場:神奈川県 横浜 KAAT神奈川芸術劇場 館内各所
時間:10:00~18:00 参加作家: 飯川雄大 小林耕二郎 宮永亮 石塚源太 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 劇場内に美術作品を展示する『KAAT EXHIBITION 2017』に田中望、宮永亮ら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて