ニュース

低音×卓球を楽しむ新イベント『低音卓球PARTY』、円筒状の卓球台が登場

『低音卓球PARTY』オリジナル卓球台イメージビジュアル
『低音卓球PARTY』オリジナル卓球台イメージビジュアル

卓球イベント『低音卓球PARTY』が、5月15日に東京・渋谷卓球倶楽部で開催される。

『低音卓球PARTY』は、『泡パ』『Slide the City』などを展開するアフロマンスが率いるAfro&Co.と、音楽機器メーカーのコラボレーションイベント。円筒状のLED付きオリジナル卓球台を使用した新感覚の卓球と、DJ陣によるダンスミュージック、さらに筒状の卓球台で増幅された音を楽しむことができる。

DJ陣はアフロマンスをはじめ、KICK OFF、KAZUMA KAWAHARA。チケットは現在販売中。会場には、イベント終了後の5月21日までオリジナル卓球台を設置する。

『低音卓球PARTY』オリジナル卓球台イメージビジュアル
『低音卓球PARTY』オリジナル卓球台イメージビジュアル
『低音卓球PARTY』オリジナル卓球台イメージビジュアル
『低音卓球PARTY』オリジナル卓球台イメージビジュアル
『低音卓球PARTY』オリジナル卓球台イメージビジュアル
『低音卓球PARTY』オリジナル卓球台イメージビジュアル
『低音卓球PARTY』ビジュアル
『低音卓球PARTY』ビジュアル
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)