『おとなの大映祭』に21作品 若尾文子、京マチ子、関根恵子らの主演作も

上映企画『おとなの大映祭』が、6月24日から東京・角川シネマ新宿ほかで順次開催される。

映画制作会社・大映の設立75周年を記念し、女優が主演した作品を特集する同企画。大映は1942年に創業され、『羅生門』『雨月物語』をはじめとする作品を制作し、長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎といった俳優を輩出した。1970年代に倒産からの再建を経たのち、2002年には現在のKADOKAWA傘下に事業が移譲された。

同企画では、若尾文子、江波杏子、京マチ子、叶順子、大楠道代、関根恵子、渥美マリ、浅丘ルリ子らが出演した21作品を上映。ラインナップには10本以上が制作された『女賭博師』シリーズや、関根のデビュー作となった『高校生ブルース』シリーズ、市川崑監督が谷崎潤一郎の小説を映画化した『鍵』、木村恵吾監督、増村保造監督による『痴人の愛』3バージョンなどが並ぶ。

なお12月には『大映女優祭』、2018年春には『大映男優祭』が開催予定だ。

イベント情報

『おとなの大映祭』

2017年6月24日(土)から角川シネマ新宿ほかで順次開催
上映作品: 『いそぎんちゃく』(監督:弓削太郎) 『女賭博師さいころ化粧』(監督:井上芳夫) 『女賭博師乗り込む』(監督:田中重雄) 『女賭博師みだれ壺』(監督:田中重雄) 『女の賭場』(監督:田中重雄) 『鍵』(監督:市川崑) 『関東おんな大名』(監督:森一生) 『高校生心中 純愛』(監督:帯盛迪彦) 『高校生ブルース』(監督:帯盛迪彦) 『しびれくらげ』(監督:増村保造) 『十代の性典』(監督:島耕二) 『女体』(監督:増村保造) 『新女賭博師壺ぐれ肌』(監督:三隅研次) 『新高校生ブルース』(監督:帯盛迪彦) 『太陽は見た』(監督:井上芳夫) 『痴人の愛』(監督:木村恵吾、1949年) 『痴人の愛』(監督:木村恵吾、1960年) 『痴人の愛』(監督:増村保造) 『氷点』(監督:山本薩夫) 『不倫』(監督:田中重雄) 『卍』(監督:増村保造)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『おとなの大映祭』に21作品 若尾文子、京マチ子、関根恵子らの主演作も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて