BL原作映画『ダブルミンツ』予告編 田中俊介が淵上泰史に「お前は俺の犬だ」

中村明日美子原作の映画『ダブルミンツ』の予告編が公開された。

高校時代に主従関係にあった2人の男・市川光央と壱河光夫が数年後に再会し、共犯者として新たな関係性を築きながら犯罪の世界に堕ちていく様を描く同作。チンピラとなった光央役を田中俊介(BOYS AND MEN)、高校時代に光央の下僕となっていた光夫役を淵上泰史が演じる。監督は『下衆の愛』などの内田英治が務める。

今回公開された予告編では、光夫が光央から「女を殺した」と電話を受けるシーンや、光央が光夫に「お前は俺の犬だ」と告げるセリフ、光夫が何度も殴られる様子、須賀健太演じる高校時代の光央に川籠石駿平演じる高校時代の光夫が「ワン」と吠えるシーン、2人が裸で横たわっている姿などが確認できる。

また中村明日美子が新たに描き下ろした漫画『ダブルミンツ』の約40ページにわたる特別編が、本日4月28日刊行の雑誌『OPERA Vol.62』に掲載。同誌には『ダブルミンツ』実写化記念特集として、中村、内田監督、田中、トウテムポールによる座談会や、田中と渕上のメッセージなども収められている。

 

作品情報

『ダブルミンツ』

2017年6月3日(土)からシネ・リーブル池袋ほか全国で公開
監督・脚本:内田英治 原作:中村明日美子『ダブルミンツ』(茜新社) 出演: 淵上泰史 田中俊介 須賀健太 川籠石駿平 冨手麻妙 高橋和也 小木茂光 上映時間:100分 配給:アーク・フィルムズ、スターキャット
  • HOME
  • Movie/Drama
  • BL原作映画『ダブルミンツ』予告編 田中俊介が淵上泰史に「お前は俺の犬だ」

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて