『パイレーツ・オブ・カリビアン』新作の吹替声優に栗山千明、中川大志

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の日本語吹き替えキャストが発表された。

7月1日から全国で公開される同作は、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの最新作。ジャック・スパロウに復讐しようとする海の死神・サラザールを倒すため、「最後の海賊」だけが見つけ出すことができる伝説の秘宝・ポセイドンの槍をスパロウたちが探すというあらすじだ。

発表されたのは、同作から登場する新キャラクターの声を担当する吹き替え版キャスト。物語の鍵を握る天文学者カリーナの声を栗山千明、ウィル・ターナーの息子ヘンリー・ターナーの声を中川大志が担当する。中川が声を担当するヘンリー・ターナー役はブレントン・スウェイツ、栗山が声を担当する天文学者カリーナ役はカヤ・スコデラリオが演じている。

オファーを受けた際の感想について栗山は、「素直に嬉しい!と思いました。これだけ大作で、皆が大好きなパイレーツ作品が、自分に務まるのかという不安もありましたが、楽しんでやり遂げることができればよいと思いました」とコメント。一方の中川は「移動中にマネージャーさんから聞いて、嬉しくて1回席を立ち上がりました!大好きな作品に、こんな形で参加させていただくなんて夢にも思っていなくて本当に嬉しかったです!」と明かしている。

またジョニー・デップ演じる主人公ジャック・スパロウについて栗山は、「唯一無二の存在!独特の個性とユーモアもたくさんあって、女性からみると少し危ない男性ですが、ハラハラドキドキさせてくれながらも笑わせてくれるお茶目なところも素敵です」と語っている。中川は「ジャック・スパロウは、ぶれない生き方が同性から見ても憧れます!」とコメントしている。

作品情報

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』

2017年7月1日(土)から全国公開
監督:ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ 出演: ジョニー・デップ オーランド・ブルーム ハビエル・バルデム ブレントン・スウェイツ カヤ・スコデラリオ ジェフリー・ラッシュ ほか 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『パイレーツ・オブ・カリビアン』新作の吹替声優に栗山千明、中川大志

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて