荒木経惟の個展『東京墓情』 自身の写真家人生を回顧する新作が日本初公開

展覧会『東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館』が、6月22日から東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホールで開催される。

昨年にフランス・パリのギメ東洋美術館で、個展『ARAKI』を開催した荒木経惟。『東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館』では、『ARAKI』で発表された自身の写真家人生を振り返る撮り下ろし作品『東京墓情』を日本で初めて公開する。またギメ東洋美術館の所蔵作品から荒木がセレクトした、幕末・明治期の写真作品や、『東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館』のために撮り下ろされた新作もあわせて展示される。

イベント情報

『東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館』

2017年6月22日(木)~7月23日(日) 会場:東京都 銀座 シャネル・ネクサス・ホール 時間:12:00~20:00 料金:無料
  • HOME
  • Art/Design
  • 荒木経惟の個展『東京墓情』 自身の写真家人生を回顧する新作が日本初公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて