次世代発掘アートフェア『UNKNOWN ASIA』出展者募集 審査員に信藤三雄ら

アートフェア『UNKNOWN ASIA ART EXCHANGE OSAKA 2017』が出展作家を募集している。

「大阪からアジアへ。アジアから大阪へ」をテーマに掲げ、次世代を担うクリエイターの国境を越えた活動の支援を目的に開催される同イベント。クリエイター自身が作品の展示や販売、プレゼンテーションなどを行なうほか、審査員によるカンファレンスやポートフォリオレビューなども実施する。2015年から毎年開催されており、昨年には国内外約180組のクリエイターが参加した。今年は11月4日と5日に大阪・梅田のハービスホールで開催される。

今回審査員を務めるのは、信藤三雄、小林功二(LampLighters' Label)、大口岳人(シフトプロダクション)、永井秀二(ビームス創造研究所)、ヒロ杉山(ENLIGHTENMENT)、玉置泰紀(KADOKAWA『ウォーカー』総編集長)、徳光健治(タグボート)、日下慶太(電通関西支社)、しんやまさこ(あちゃちゅむムチャチャ)、庄野裕晃(vision track、ubies)、谷口純弘(FM802、digmeout)、石川武志(Skelton Crew Studio)、杉浦太一(CINRA)、中国のエリック・チュー(深洲グラフィックデザイン協会)、タイのパーパン・シリマ・チャイピリーチャウィット(The Jam Factory)、インドネシアのイグナティウス・ヘルマワン・タンジル(LeBoYe)ら。

最終申込締切は6月30日。5月31日までの申込者は出展料の10%がディスカウントされる。5月から各地で説明会ツアーを開催。ポートフォリオを持参し、レビューを受けることも可能だ。詳細は『UNKNOWN ASIA Art Exchange Osaka 2017』のオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『UNKNOWN ASIA Art Exchange Osaka 2017』

2017年11月4日(土)、11月5日(日) 会場:大阪府 梅田 ハービスホール
  • HOME
  • Art,Design
  • 次世代発掘アートフェア『UNKNOWN ASIA』出展者募集 審査員に信藤三雄ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて