ニュース

『美術手帖』で大山エンリコイサム監修のグラフィティ特集 誌上展覧会も

特集記事「SIGNALS! 共振するグラフィティの想像力」が、本日5月17日刊行の『美術手帖 2017年6月号』に掲載されている。

大山エンリコイサム監修のもと、100ページ超にわたってアメリカ・ニューヨークを起点とするグラフィティカルチャーを紹介する同特集。3部構成となり、第1部には大山のキュレーションによる誌上展覧会『ALTERSPHERE 落書きの想像圏』を掲載。グラフィティ、書、建築、写真、ビデオ、サウンドといった様々な領域で活動する31作家を紹介している。またFutura2000、ホセ・パルラ、PHASE2、COCO144、THE RAMM-ΣLL-ZΣΣ、ショーン・コルコラン、シャロン・マット・アトキンスへのインタビューも収められている。

第2部はグラフィティ文化の変遷を辿る年表や、「絵画史における落書き的表現」を探る論考などから構成。第3部では大山と粉川哲夫による往復書簡や、研究者の林道郎、栗本高行と大山による鼎談、キュレーターへのインタビューなどを通して、理論的にグラフィティ文化を展望する。

なお同誌には大山の描き下ろしによるステッカーが付属するほか、特集外には、赤瀬川原平の遺作『引伸機』に関する渡辺真也のテキストや、坂本龍一、ブラジル出身の作家パウロ・モンテイロのインタビューなどが掲載されている。

『美術手帖 2017年6月号』表紙
『美術手帖 2017年6月号』表紙
『美術手帖 2017年6月号』より
『美術手帖 2017年6月号』より
『美術手帖 2017年6月号』より
『美術手帖 2017年6月号』より
『美術手帖 2017年6月号』より
『美術手帖 2017年6月号』より
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定 1

    「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定

  2. ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会 2

    ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会

  3. 宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信 3

    宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信

  4. サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN 4

    サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN

  5. 高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開 5

    高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開

  6. 真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化 6

    真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化

  7. 空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察 7

    空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察

  8. 映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開 8

    映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開

  9. 小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント 9

    小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント

  10. 映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆 10

    映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆