ニュース

『美術手帖』で大山エンリコイサム監修のグラフィティ特集 誌上展覧会も

特集記事「SIGNALS! 共振するグラフィティの想像力」が、本日5月17日刊行の『美術手帖 2017年6月号』に掲載されている。

大山エンリコイサム監修のもと、100ページ超にわたってアメリカ・ニューヨークを起点とするグラフィティカルチャーを紹介する同特集。3部構成となり、第1部には大山のキュレーションによる誌上展覧会『ALTERSPHERE 落書きの想像圏』を掲載。グラフィティ、書、建築、写真、ビデオ、サウンドといった様々な領域で活動する31作家を紹介している。またFutura2000、ホセ・パルラ、PHASE2、COCO144、THE RAMM-ΣLL-ZΣΣ、ショーン・コルコラン、シャロン・マット・アトキンスへのインタビューも収められている。

第2部はグラフィティ文化の変遷を辿る年表や、「絵画史における落書き的表現」を探る論考などから構成。第3部では大山と粉川哲夫による往復書簡や、研究者の林道郎、栗本高行と大山による鼎談、キュレーターへのインタビューなどを通して、理論的にグラフィティ文化を展望する。

なお同誌には大山の描き下ろしによるステッカーが付属するほか、特集外には、赤瀬川原平の遺作『引伸機』に関する渡辺真也のテキストや、坂本龍一、ブラジル出身の作家パウロ・モンテイロのインタビューなどが掲載されている。

『美術手帖 2017年6月号』表紙
『美術手帖 2017年6月号』表紙
『美術手帖 2017年6月号』より
『美術手帖 2017年6月号』より
『美術手帖 2017年6月号』より
『美術手帖 2017年6月号』より
『美術手帖 2017年6月号』より
『美術手帖 2017年6月号』より
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)