ニュース

『ウォーキング・デッド』第1話吹替版が地上波初放送 ノブコブ副音声付き

『ウォーキング・デッド』 ©TWD productions LLC Courtesy of AMC/provided by FOX channel
『ウォーキング・デッド』 ©TWD productions LLC Courtesy of AMC/provided by FOX channel

ドラマ『ウォーキング・デッド』シーズン1吹替版の第1話が、5月20日に日本テレビで放送される。

2010年からアメリカでシーズン1の放送がスタートし、本国ではこれまでにシーズン7まで放送されている『ウォーキング・デッド』。「ウォーカー」と呼ばれるゾンビがはびこるアメリカを舞台に、恐怖に立ち向かう生存者たちの姿が描かれる。日本ではHuluをはじめとする定額配信サービスなどで配信されている。

今回はアメリカでの初回放送時に番組枠を拡大して放送された第1話の特別版を放送。特別版は現在配信されているバージョンとは異なり、約20分の追加映像が含まれたバージョンで、日本テレビでの放送時には地上波放送用に編集して紹介される。『ウォーキング・デッド』シーズン1の第1話が国内の地上波で放送されるのは今回が初。副音声では、主人公リックの吹き替えを担当した声優の土田大と、平成ノブシコブシの2人によるコメンタリーを楽しむことができる。

コメンタリー付きの第1話は、放送直後からHuluで配信。またHuluでは本日5月17日から同作のシーズン1から5までの吹き替え版を配信している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)