ニュース

『キングスマン』続編の日本公開決定 米スパイC・テイタムらの写真公開

『キングスマン:ゴールデン・サークル』 ©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
『キングスマン:ゴールデン・サークル』 ©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画『キングスマン』続編の邦題が『キングスマン:ゴールデン・サークル』になることが発表。あわせて場面写真が公開された。

2015年に公開された『キングスマン』は、映画『キック・アス』シリーズなどのマシュー・ヴォーン監督による作品。表向きはロンドンの高級スーツ店だが、実体はどの国にも属さないスパイ機関であるキングスマンのエリートスパイであるハリーと、ハリーに見出されてキングスマン候補生となったエグジーらの活躍を描いた。

続編では、キングスマンの拠点が謎の敵「ゴールデン・サークル」の攻撃によって壊滅。一流のエージェントに成長したエグジーと教官兼メカ担当のマーリンが、同盟を結ぶアメリカのスパイ機関「ステイツマン」とタッグを組んでゴールデン・サークルに立ち向かうというあらすじだ。

キャストはエグジー役のタロン・エガートン、マーリン役のマーク・ストロングらが前作から続投するほか、ステイツマンのメンバーとしてチャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジス、ハル・ベリーが新たに参加。またゴールデン・サークルのボス役のジュリアン・ムーアやエルトン・ジョンも出演しているほか、前作で命を落としたと思われたコリン・ファース演じるハリーも登場するという。

場面写真では、スーツやタキシードに身を包んだエグジーの姿に加え、チャニング・テイタム演じるテキーラがカウボーイハットにGジャン姿で座っている様子、ジェフ・ブリッジス演じるシャンパン、ハル・ベリー演じるメカ担当のジンジャーの姿が確認できる。

同作はアメリカで9月22日に公開。日本公開日は後日発表される。

『キングスマン:ゴールデン・サークル』 ©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
『キングスマン:ゴールデン・サークル』 ©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
『キングスマン:ゴールデン・サークル』 ©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
『キングスマン:ゴールデン・サークル』 ©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
『キングスマン:ゴールデン・サークル』 ©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
『キングスマン:ゴールデン・サークル』 ©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)