ニュース

MONDO GROSSO新作に乃木坂46齋藤飛鳥がVoで参加 作詞はやくしまる

6月7日にリリースされるMONDO GROSSOのニューアルバム『何度でも新しく生まれる』の第2弾参加ボーカリストが発表された。

大沢伸一によるプロジェクトMONDO GROSSOにとって約14年ぶりのアルバムとなる同作。先行シングル曲“ラビリンス”でボーカルを務めた満島ひかりをはじめ、bird、INO hidefumiがボーカリストとして参加していることが明らかになっていた。

今回参加が発表されたのは、齋藤飛鳥(乃木坂46)、大和田慧、二神アンヌ、Kick a Show。齋藤が歌う“惑星タントラ”はやくしまるえつこが作詞と共同プロデュースを手掛けた楽曲となり、齋藤が文学好きだというエピソードにインスピレーションを受けて制作されたという。同曲は本日5月19日から先行配信されているほか、PVも公開された。

なおMONDO GROSSOは新潟・湯沢町の苗場スキー場で開催される野外音楽フェスティバル『FUJI ROCK FESTIVAL '17』の2日目となる7月29日に出演する。

MONDO GROSSO『何度でも新しく生まれる』収録内容

[CD]
・惑星タントラ
・ERASER
・SEE YOU AGAIN
・ラビリンス
・TIME
・迷子のアストゥルナウタ
ほか
[DVD]
・“惑星タントラ”PV
・“SEE YOU AGAIN”PV
ほか

齋藤飛鳥(乃木坂46)
齋藤飛鳥(乃木坂46)
大沢伸一
大沢伸一
大和田慧
大和田慧
Kick a Show
Kick a Show
二神アンヌ
二神アンヌ
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)