ニュース

賀来賢人、太賀、柄本時生ら共演 赤堀雅秋の新作舞台『流山ブルーバード』

左から柄本時生、皆川猿時、賀来賢人、太賀、若葉竜也
左から柄本時生、皆川猿時、賀来賢人、太賀、若葉竜也

舞台『流山ブルーバード』が12月8日から東京・下北沢の本多劇場で上演される。

『流山ブルーバード』は、劇団THE SHAMPOO HATを主宰するほか、映画監督として『その夜の侍』『葛城事件』などの作品を発表している赤堀雅秋による書き下ろしの新作。寂れた地方都市を舞台に、4人の若者と彼らを取り巻くさえない大人たちが織り成す青春群像劇となる。

キャストには賀来賢人、太賀、柄本時生、若葉竜也、小野ゆり子、宮下今日子、駒木根隆介、赤堀雅秋、平田敦子、皆川猿時が名を連ねている。チケットの発売は10月上旬を予定。なお同公演は、2018年に島根、大阪、広島、静岡、東京・大田区を巡演する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)