無名で生涯終えた詩人エミリ・ディキンスンの半生描く 主演はSATCミランダ

映画『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』が7月29日から東京・神保町の岩波ホールほか全国で順次公開される。

1830年にアメリカ・マサチューセッツ州アマーストで生まれ、生前に10篇の詩を発表して無名のうちに亡くなったエミリ・ディキンスン。死後、約1800篇の詩が発見され、世界的な評価を獲得した。アメリカ・ニュークのモルガン・ライブラリーでは今年1月から大規模な回顧展が開催されている。

謎に包まれたディキンスンの半生を描く『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』。約20篇のディキンスンの詩を織り込み、少女時代から晩年、死までを描く。

ディキンスン役を演じるのは、『セックス・アンド・ザ・シティ』のミランダ役で知られ、ディキンスンの愛読者だというシンシア・ニクソン。監督はイギリス出身のテレンス・デイヴィスが務めている。撮影はアマーストにあるディキンスン一家が実際に暮らした屋敷とスタジオで行なわれたという。なお同作は昨年の『ゲント国際映画祭』でグランプリを獲得した。

作品情報

『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』

2017年7月29日(土)から岩波ホールほか全国順次公開
監督:テレンス・デイヴィス 出演: シンシア・ニクソン ジェニファー・イーリー キース・キャラダイン 配給:アルバトロス・フィルム、ミモザフィルムズ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 無名で生涯終えた詩人エミリ・ディキンスンの半生描く 主演はSATCミランダ

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて