「カルチャーとメガネの融合」目指すJINS渋谷店、設計は藤本壮介

アイウェアショップ「JINS渋谷店」が5月26日にオープンする。

東京・渋谷のヨシモト∞ホールやまんだらけ渋谷店、竹久夢二居住地跡の近辺にオープンする同店は、JINSのフラッグシップストアという位置づけ。「カルチャーとメガネの融合」を目指した店舗となり、設計は建築家の藤本壮介が担当した。

同店では店内イベントスペースを使用した企画も展開。第1弾企画としてアーティストの鈴木康広による、身近な「モノ」や「感覚」をテーマにした映像作品、インスタレーションを展示する。またオープンを記念し、鈴木が監修したオリジナル眼鏡拭きと冊子を数量限定で配布する。

さらに一部店舗で販売を予定している眼鏡関連の雑貨を先行販売。「ベーシックライン」と「アーティストライン」が用意され、「アーティストライン」では金氏徹平による眼鏡拭きや眼鏡ケースなどが販売される。眼鏡の受け取りまでの待ち時間には、OisixとコラボレーションしたJINS渋谷店限定のオリジナルジュースを提供する。

  • HOME
  • Art,Design
  • 「カルチャーとメガネの融合」目指すJINS渋谷店、設計は藤本壮介

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて