『ちいさいおうち』の絵本作家ヴァージニア・リー・バートンの展覧会

展覧会『ヴァージニア・リー・バートンの「ちいさいおうち」―時代を超えて生き続けるメッセージ―』が、6月1日から東京・東陽町のGallery A4で開催される。

1909年にアメリカ・マサチューセッツ州に生まれたヴァージニア・リー・バートン。絵画とデザインを学び、イラストレーターとしての活動を経て1937年に絵本『いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう』を発表。『ちいさいおうち』『せいめいのれきし』をはじめとする絵本を制作しながら、テキスタイル、グラフィックなどの分野でも活動した。1968年に59歳で死去した。

同展ではバートンの絵本原画やスケッチブックを展示。またバートンの住居やアトリエ、バートンを中心としたクラフト職人集団「フォリーコーブ・デザイナーズ」の活動などをあわせて紹介するほか、長男で彫刻家のアリスティデス・デメトリアスへのインタビュー映像も公開される。

会期中にはシンポジウムも開催。6月15日にはアリスティデス・デメトリアス、翻訳家の松岡享子、バートン研究家の宮城正枝、6月29日には生物学者の福岡伸一、国立科学博物館の真鍋真がそれぞれ登壇する。いずれも定員に達したため、応募は締め切られている。詳細はGallery A4のオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『ヴァージニア・リー・バートンの「ちいさいおうち」―時代を超えて生き続けるメッセージ―』

2017年6月1日(木)~8月9日(水) 会場:東京都 東陽町 Gallery A4 時間:10:00~18:00(8月9日は17:00まで) 休館日:日曜、祝日 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 『ちいさいおうち』の絵本作家ヴァージニア・リー・バートンの展覧会

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて