「パープルーム大学」がワタリウムに登場 活動網羅の展示、会場で生活も

パープルームの展覧会『恋せよ乙女!パープルーム大学と梅津庸一の構想画』が6月1日から東京・外苑前のワタリウム美術館で開催される。

梅津庸一が主宰する神奈川・相模原の私塾「パープルーム予備校」を拠点に、2013年から活動を開始したパープルーム。SNSなどを通じて集まったメンバーが共同生活を営みながら、絵画を中心とした美術作品の制作を行なっている。

展覧会『恋せよ乙女!パープルーム大学と梅津庸一の構想画』では、数百点の作品や資料からパープルームや梅津の活動を紹介するほか、作家たちが実際に会場で生活。突発的な制作やレクチャーも行なわれるという。初日の6月1日には梅津、黒瀬陽平(カオス*ラウンジ)、上妻世海、齋藤恵汰らによる『パープルーム大学開校式』を実施。会期中には連日「授業」が行なわれ、パープルームのメンバーや黒瀬、上妻、平倉圭、三瀬夏之介、筒井宏樹、柴田英里らが講師として参加する。

また6月1日から、東京・淡路町のAWAJI Cafe & Galleryで展覧会『わたしたちの芸術をみつめるパープルーム』が開催。「パープルームの心」、平山昌尚(HIMAA)、uraunyによる壁画作品、インスタレーション、テキストなどが展示されるほか、作品45点をstartbahn上でオークション販売する。6月13日にはイベント『空気の会』を実施。詳細はパープルームのTwitterアカウントで追って発表される予定だ。

イベント情報

『恋せよ乙女!パープルーム大学と梅津庸一の構想画』

2017年6月1日(木)~6月18日(日) 会場:東京都 外苑前 ワタリウム美術館
時間:11:00~20:00(水曜は21:00まで) 参加作家: 小林椋 鋤柄ふくみ 予定と卵 坂本夏子 フナイタケヒコ 三瀬夏之介 泰平 宮下大輔 urauny 平山昌尚 3回目のゲルゲル祭 qp 梅津庸一 超エッチ+ 小宮麻吏奈 リスカちゃん 荒木悠 村田冬実 KOURYOU 安藤裕美(パープルーム予備校) アラン(パープルーム予備校) 智輝(パープルーム予備校) 休館日:月曜 料金:一般1,000円 学生800円 小・中学生500円 70歳以上700円
イベント情報

『わたしたちの芸術をみつめるパープルーム』

2017年6月1日(木)~6月17日(土) 会場:東京都 淡路町 AWAJI Cafe & Gallery
時間:11:00~19:00 出展作家: パープルームの心 平山昌尚(himaa) urauny 休廊日:日、月曜 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 「パープルーム大学」がワタリウムに登場 活動網羅の展示、会場で生活も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて