ニュース

『MONKEY』に小沢健二のエッセイが掲載 村上春樹、ポール・オースターも

特集記事「翻訳は嫌い?」が6月15日発売の文芸誌『MONKEY vol.12』に掲載される。

翻訳家・柴田元幸の責任編集による『MONKEY』。今回の特集「翻訳は嫌い?」には、4月に行なわれた村上春樹と柴田による講演会『本当の翻訳の話をしよう』の記録や、講義の後に収録された村上と柴田の対談「翻訳の不思議」、1月に800ページを超える約7年ぶりの長編小説『4 3 2 1』を発表したポール・オースターのインタビューを収録する。

また小沢健二のエッセイ「日本語と英語のあいだで」が掲載。小沢は柴田が教鞭を執った東京大学文学部の出身者として知られている。さらに同誌には柴田による「日本翻訳史 明治篇」や、伊藤比呂美、リディア・デイヴィス、ブライアン・エヴンソンらによる記事が収められている。表紙イラストは『marble ramble 名作文学漫画集』などを手掛けているイラストレーター・長崎訓子が描き下ろした。

『MONKEY vol.12』表紙
『MONKEY vol.12』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと