ニュース

岩田剛典×杉咲花がW主演 「障がいのある恋」描く『パーフェクトワールド』

左から岩田剛典、杉咲花 ©2018「パーフェクトワールド」製作委員会 ©有賀リエ/講談社
左から岩田剛典、杉咲花 ©2018「パーフェクトワールド」製作委員会 ©有賀リエ/講談社

有賀リエの漫画『パーフェクトワールド』が実写映画化され、2018年に全国で公開される。

『Kiss』誌に連載中の『パーフェクトワールド』は、「障がいのある恋」をテーマにした恋愛物語。事故で車椅子生活になっていた初恋の相手・鮎川樹と再会した川奈つぐみが、「先輩との恋愛はムリ」と感じながらも、昔と変わらない樹に徐々に惹かれていく、というあらすじだ。

事故によって下半身に障がいを持ち、女性と付き合うことを諦めている建築士の樹役を演じるのは岩田剛典(EXILE、三代目J Soul Brothers)。高校の先輩で初恋の人である樹を一途に想い、悩みながらも共に前を向こうとするつぐみ役を杉咲花が演じる。監督は『流れ星が消えないうちに』などの柴山健次。

岩田は同作への出演にあたり「この作品のテーマでもある大切な人と障がいと共に生きていくという難しいテーマをより身近に感じて頂けるよう、真摯に向き合い、丁寧に演じたいと思います」とコメント。杉咲は「この作品を皆様の元へまっすぐお届けできるよう、映画だからこそ表現できる強さのような魅力があると信じて、自分にできることを考え、この作品に身を委ねていきたいです」と意気込みを語っている。撮影は6月2日にクランクインし、7月中旬のクランクアップを予定している。

岩田剛典のコメント

漫画原作のキャラクターかつ身体に障がいをもった役柄ということで、どちらも自分にとっては初めて経験させて頂く役どころになります。
この作品のテーマでもある大切な人と障がいと共に生きていくという難しいテーマをより身近に感じて頂けるよう、真摯に向き合い、丁寧に演じたいと思います。

杉咲花のコメント

樹とつぐみが想い合うように、スタッフ・キャストの皆様と儚くて優しい時間を現場で過ごすことができるよう、頑張っていきたいと思います。原作の魅力を肉体を使って表現させていただくなかで、足し算や引き算が必要になることはきっとあると思うのですが、この作品を皆様の元へまっすぐお届けできるよう、映画だからこそ表現できる強さのような魅力があると信じて、自分にできることを考え、この作品に身を委ねていきたいです。
読者の皆様に愛されている原作、そしてその原作者である有賀リエ先生の想いに敬意をはらい、向き合わせていただきます。

柴山健次監督のコメント

漫画原作を読ませていただいたとき、慎重に扱う必要のある題材だと思ったと同時に、登場人物たちの力強く生きる姿勢に、撮りたい、という意欲をかきたてられました。
変えられない過去、未来に対する不安。
一歩を踏み出すために、登場人物たちは必死に、現在と向き合います。この物語が持つ光と闇を丁寧に描きたいと思います。

有賀リエのコメント

漫画作品の実写化には色んな意見がありますが、本作はありがたいことに「実写化して欲しい」「した方がいい」と言っていただけることが多く、今回それが実現することとなり本当に嬉しく思います。
内容は原作を大変尊重してくださっていて、製作側の皆さんには感謝でいっぱいです。
主演は、岩田剛典さん、杉咲花さんという力強いお二人に決まりわくわくしています。
二人の恋にときめいたり、そして見終わった後はテーマの部分を身近に感じてもらえるような、そんな映画になればいいなと思っています。

有賀リエ『パーフェクトワールド』1巻(講談社)表紙 ©有賀リエ/講談社
有賀リエ『パーフェクトワールド』1巻(講談社)表紙 ©有賀リエ/講談社
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)