ニュース

奥田庸介監督『ろくでなし』再上映 連日トークに大西信満、深田晃司ら

映画『ろくでなし』が6月17日から東京・下北沢のトリウッドで再上映される。

奥田庸介が監督を務めた同作の舞台は渋谷。暴れだしたら止まらない男・一真と、裏社会に生きるヤクザのひろしが、ある姉妹を通じて出会い、共に行動するというあらすじだ。一真役に大西信満、ひろし役に渋川清彦がキャスティング。共演者には遠藤祐美、上原実矩、大和田獏らが名を連ねる。

上映後には監督、出演者、ゲストによるトークイベントを連日開催。登壇者には奥田をはじめ、大西信満、渋川清彦、ヨウジヤマダ、両角周、遠藤祐美、大和田獏、深田晃司、村上淳、山本政志、リトルジャズフラミンゴらを予定している。さらに7月1日からは、奥田自身が主人公のスキンヘッドの男を演じた監督作『クズとブスとゲス』の上映も行なわれる。詳細はトリウッドのオフィシャルサイトで確認しよう。

『ろくでなし』メインビジュアル ©Continetal Circus Pictures
『ろくでなし』メインビジュアル ©Continetal Circus Pictures
『ろくでなし』 ©Continetal Circus Pictures
『ろくでなし』 ©Continetal Circus Pictures
『ろくでなし』 ©Continetal Circus Pictures
『ろくでなし』 ©Continetal Circus Pictures
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)