ニュース

15禁ピンク映画集う『OP PICTURES+ フェス』 榊英雄、城定秀夫らの10本超

上映企画『OP PICTURES+ フェス 2017』が、7月1日から東京・テアトル新宿で開催される。

『OP PICTURES+ フェス』は、1962年からピンク映画を制作している大蔵映画のレーベル「OP PICTURES+」の特集上映。同レーベルは通常R18+指定となるピンク映画を、エロティックな雰囲気を残しながらもドラマ部分を充実させ、R15+作品として上映している。

3回目を迎える今回は、昼は会社員、夜は売春婦として働く女性の恋愛模様を描く榊英雄監督作『コクウ』や、巨大なツチノコに夫を誘拐された妻の冒険を描くいまおかしんじ監督作『夫がツチノコに殺されました。』をはじめ、城定秀夫、竹洞哲也、山内大輔、吉行由実といった監督による10作品超がラインナップされている。

『OP PICTURES+ フェス 2017』ティザーチラシビジュアル
『OP PICTURES+ フェス 2017』ティザーチラシビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS“にゃー feat.矢野顕子”

猫の気ままな散歩の様子を描いたラップが、ほぼタブラのみで作られた5.5拍子のトラックに乗せられる、ほぼ猫のPV。坂本美雨の愛猫「サバ美」をはじめ、いろいろな猫が出演している。ボーカリストとして参加している矢野顕子が歌う<にゃーにゃー>という歌詞が印象的。