ニュース

LGBT映画祭『レインボー・リール東京』に13プログラム 日本初公開作も

『アンダー・ハー・マウス』 ©2016, Serendipity Point Films Inc.
『アンダー・ハー・マウス』 ©2016, Serendipity Point Films Inc.

『第26回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~』が、7月8日から東京・シネマート新宿、7月14日から東京・表参道のスパイラルホールで開催される。

LGBTをはじめとするセクシュアルマイノリティーをテーマにした国内外の映画を上映する『東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』。昨年から名称を「レインボー・リール東京」に改めて開催されている。

上映作品には、修理工のプレイガール・ダラスとファッションエディター・ジャスミンの激しい恋を描き、全て女性のクルーによって製作された『アンダー・ハー・マウス』や、孤児を養子として育てるゲイカップルを描いたタイ映画『ファーザーズ』、ニューヨークで有色人種であるセクシャルマイノリティーの若者たちが社会の抑圧と戦いながら形成しているパーティーシーン「キキ」を追った『キキ —夜明けはまだ遠く—』などの日本初公開作や、東ちづるが企画やキャスティングプロデューサーを務めたドキュメンタリー『私はワタシ ~over the rainbow~』などがラインナップ。

またLGBT映画の支援・振興を目的に設立されたAsia Pacific Queer Film Festival Allianceに加盟する映画祭が推薦する短編映画6作品を上映する『QUEER×APAC ~APQFFA傑作選2017~』や、一般公募による日本の短編作品を上映する『レインボー・リール・コンペティション』も実施。『レインボー・リール・コンペティション』では来場者の投票でグランプリを決定する。上映スケジュールの詳細はオフィシャルサイトでチェックしよう。

『ファーザーズ』
『ファーザーズ』
『キキ —夜明けはまだ遠く—』
『キキ —夜明けはまだ遠く—』
『17歳にもなると』 ©Roger Arpajou
『17歳にもなると』 ©Roger Arpajou
『迷い子たちの物語』
『迷い子たちの物語』
『フィニッシュ・ホールド』
『フィニッシュ・ホールド』
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamuraオーチャードホール ヴェルディ:オペラ『オテロ』(演奏会形式) 最新PR動画

映像演出にライゾマティクスリサーチを迎え、9月8日、10日と上演されるオペラ『オテロ』(演奏会形式)の最新動画。オーチャードホールの天井の高いオーチャードホールのシェルター型反響板の壁面全体に映し出されるのは指揮者アンドレア・バッティストーニの両腕から解析した映像。まさに「誰もみたことのない『オテロ』」が観られるはず。(宮原)