佐々木蔵之介が極悪男に ほぼ男性俳優のみの『リチャード三世』ビジュアル

10月18日から東京・池袋の東京芸術劇場で上演される舞台『リチャード三世』のビジュアルが公開された。

『リチャード三世』は、残忍な野心家の主人公・リチャードが、敵や味方、肉親までを欺きながら王位を勝ち取っていく様を描くウィリアム・シェイクスピアの戯曲。今回は演出と上演台本をルーマニアの演出家シルヴィウ・プルカレーテが手掛ける。プルカレーテが日本人キャストへの演出を手掛けるのは今回が初めて。演出補を谷賢一が務める。

公開されたビジュアルは、佐々木蔵之介扮するリチャードが髑髏を持つ姿を写したもの。共演者にはリチャードの妻となるアン役の手塚とおるをはじめ、今井朋彦、植本純米、長谷川朝晴、山中崇らが名を連ねている。なお同公演はほぼ全ての役を15人の男性俳優が演じ分ける構成となっており、渡辺美佐子が唯一の女性キャストとなる。配役の詳細は後日発表される。

チケットの販売は7月15日10:00に開始。10月17日にはプレビュー公演が実施される。東京公演の終了後は大阪、盛岡、名古屋を巡演する予定だ。

イベント情報

『リチャード三世』

2017年10月18日(水)~10月30日(月)全14公演 会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 プレイハウス
作:ウィリアム・シェイクスピア 演出・上演台本:シルヴィウ・プルカレーテ 演出補:谷賢一 出演: 佐々木蔵之介 手塚とおる 今井朋彦 植本純米 長谷川朝晴 山中崇 山口馬木也 河内大和 土屋佑壱 浜田学 櫻井章喜 八十田勇一 阿南健治 有薗芳記 壤晴彦 渡辺美佐子 料金:S席8,500円 A席6,500円 サイドシート5,000円 65歳以上S席8,000円 25歳以下サイドシート3,000円 高校生以下1,000円
  • HOME
  • Stage
  • 佐々木蔵之介が極悪男に ほぼ男性俳優のみの『リチャード三世』ビジュアル

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて