ニュース

映画『君の膵臓をたべたい』新映像 ミスチル新曲“himawari”初公開

映画『君の膵臓をたべたい』の新たな予告編が公開された。

予告編は大人になった現在の「僕」を演じる小栗旬がナレーションを担当。浜辺美波演じる桜良の「私が死んだら私の膵臓、君が食べてもいいよ」というセリフや、北村匠海演じる12年前の「僕」が「君はさ、本当に死ぬの?」と尋ね、桜良が「死ぬよ」と答えるシーン、病床の桜良の姿、12年前の「僕」が泣きじゃくる様子などが確認できる。また主題歌であるMr.Childrenの新曲“himawari”が使用されているほか、同曲の歌詞を使った「ひまわり」バージョンの映画のポスターも公開されている。

7月28日から全国で公開される『君の膵臓をたべたい』は、住野よるの同名小説をもとにした作品。膵臓の病気を患うクラスメイト・桜良の闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた高校生の「僕」が、死期が迫る桜良と心を通わせていく様と、桜良の死から12年後に教師になった現在の「僕」の姿を描く。

 

『君の膵臓をたべたい』「ひまわり」版ポスタービジュアル ©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社
『君の膵臓をたべたい』「ひまわり」版ポスタービジュアル ©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社
『君の膵臓をたべたい』ポスタービジュアル ©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社
『君の膵臓をたべたい』ポスタービジュアル ©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社
『君の膵臓をたべたい』 ©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社
『君の膵臓をたべたい』 ©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社
『君の膵臓をたべたい』 ©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社
『君の膵臓をたべたい』 ©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社
『君の膵臓をたべたい』 ©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社
『君の膵臓をたべたい』 ©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社
画像を拡大する(13枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)