映画『君の膵臓をたべたい』新映像 ミスチル新曲“himawari”初公開

映画『君の膵臓をたべたい』の新たな予告編が公開された。

予告編は大人になった現在の「僕」を演じる小栗旬がナレーションを担当。浜辺美波演じる桜良の「私が死んだら私の膵臓、君が食べてもいいよ」というセリフや、北村匠海演じる12年前の「僕」が「君はさ、本当に死ぬの?」と尋ね、桜良が「死ぬよ」と答えるシーン、病床の桜良の姿、12年前の「僕」が泣きじゃくる様子などが確認できる。また主題歌であるMr.Childrenの新曲“himawari”が使用されているほか、同曲の歌詞を使った「ひまわり」バージョンの映画のポスターも公開されている。

7月28日から全国で公開される『君の膵臓をたべたい』は、住野よるの同名小説をもとにした作品。膵臓の病気を患うクラスメイト・桜良の闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた高校生の「僕」が、死期が迫る桜良と心を通わせていく様と、桜良の死から12年後に教師になった現在の「僕」の姿を描く。

 

作品情報

『君の膵臓をたべたい』

2017年7月28日(金)から全国東宝系で公開
監督:月川翔 脚本:吉田智子 原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社) 主題歌:Mr.Children“himawari” 音楽:松谷卓 出演: 浜辺美波 北村匠海 大友花恋 矢本悠馬 桜田通 森下大地 上地雄輔 北川景子 小栗旬 配給:東宝
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 映画『君の膵臓をたべたい』新映像 ミスチル新曲“himawari”初公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて