ニュース

隈研吾とオランダ生まれの和紙職人のコラボ展 インスタレーションなど展示

『高知県梼原町の和紙職人 ロギール・アウテンボーガルト × 建築家 隈研吾』メインビジュアル 和蘭紙サンプル
『高知県梼原町の和紙職人 ロギール・アウテンボーガルト × 建築家 隈研吾』メインビジュアル 和蘭紙サンプル

展覧会『高知県梼原町の和紙職人 ロギール・アウテンボーガルト × 建築家 隈研吾』が、7月6日から東京・京橋のLIXILギャラリーで開催される。

LIXILギャラリーの展示シリーズ『クリエイションの未来展』の一環で行なわれる同展。12回目を迎える今回は建築家の隈研吾と、1980年代から高知で和紙作りを行なっているオランダ生まれの職人ロギール・アウテンボーガルトによるコラボレーション作品などを展示する。

会場にはアウテンボーガルトの和紙を素材とした隈のインスタレーションのほか、アウテンボーガルトのオブジェ作品や、土佐和紙の紙見本、紙漉きの道具や素材などが並ぶ。なお隈とアウテンボーガルトはこれまでにも、隈の設計による高知・梼原の「雲の上のホテル別館」「梼原町総合庁舎」などでコラボレーションを行なっている。

展覧会の監修者である隈は同展について「今回の展示ではロギールさんの和紙をつかった柔らかくも力強い空間を作りたいと考えました。天井や壁に和紙を使い、それらにシワをつける特殊な加工をすることで、和紙でつくられた洞窟のような空間を生み出すことができました」とコメントしている。

期間中の7月19日には、アウテンボーガルトによる土佐和紙作りのワークショップを実施。詳細はLIXILギャラリーのウェブサイトで確認しよう。

「梼原町総合庁舎」内観
「梼原町総合庁舎」内観
ロギール・アウテンボーガルト作品 2015年 60cm×170cm 楮・三椏・シダ
ロギール・アウテンボーガルト作品 2015年 60cm×170cm 楮・三椏・シダ
ロギール・アウテンボーガルト作品 2012年 70cm×70cm×300cm 楮・蔓・土
ロギール・アウテンボーガルト作品 2012年 70cm×70cm×300cm 楮・蔓・土
ロギール・アウテンボーガルト
ロギール・アウテンボーガルト
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 1

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  2. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 2

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  3. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 3

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  4. カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て 4

    カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て

  5. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 5

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  6. 音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表 6

    音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表

  7. Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う 7

    Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う

  8. 東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック 8

    東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック

  9. 木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由 9

    木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由

  10. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 10

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」