ニュース

赤い公園からVo佐藤千明が脱退 今後は3人で活動継続

赤い公園(佐藤千明は右から2番目)
赤い公園(佐藤千明は右から2番目)

赤い公園から佐藤千明(Vo)が脱退することがわかった。

今年2月に『闇夜に提灯』、4月に『恋と嘘』、6月に『journey』の3枚のシングルを発表した赤い公園。8月23日には約1年半ぶりのアルバム『熱唱サマー』のリリースを控えている。

佐藤千明を含む4人体制での活動は8月31日をもって終了。9月以降は現メンバーである津野米咲(Gt)、藤本ひかり(Ba)、歌川菜穂(Dr)の3人で活動を継続するという。

赤い公園のオフィシャルサイトでは佐藤千明と、赤い公園それぞれによるコメントが掲載。佐藤千明は「赤い公園で過ごした7年の年月は、控えめに言って、最the高でした」とした上で、脱退理由を「津野の作る音楽を表現したい一心で、バンドで歌ってきましたが、そこに迷いが生じた以上、赤い公園のボーカルとしてステージに立つことはできません」と説明。「今後のことは未だ何も考えておりませんが、まだまだ諦められない歌と共に、しぶとくオモロイ旅を続けます」とコメントしている。

赤い公園は「大決断でしたが、フルアルバムに四人のパワーを注入し切ったので、ともども晴れやかな気持ちです」とコメント。「三人で更なる音楽を追求し届けてゆくべく、引き続き心をこめて活動して参ります。そして、佐藤が自分の音楽と正義と大ボケ小ボケを容赦なく全うしてゆく未来を、信じていただけたらと願います」と述べている。

あわせて、8月27日には東京・お台場のZepp DiverCity TOKYOで、現体制最後となるライブ『熱唱祭り』が開催されることも明らかになった。現在、オフィシャルモバイルファンクラブ「赤ちゃんねる」でチケットの先行予約が開始されている。なお現在出演が決定しているイベントにも予定通り出演するという。赤い公園は2010年に高校の軽音楽部内で結成。2012年に『透明なのか黒なのか』でメジャーデビューを果たした。

佐藤千明(Vo)のコメント

赤い公園で過ごした7年の年月は、控えめに言って、最the高でした。

その中で、自分の手に負えないほどのズレが、生じてきていることに気付きました。
そのズレにぶつかり、擦り合わせようと出来る限りの努力をし、最善を尽くしましたが、ズレはどんどんと大きくなっていきました。

そのズレが、迷いとして音楽にまで介入してきた時、赤い公園のボーカルという使命に、限界を感じました。

思えば、津野の作る音楽を表現したい一心で、バンドで歌ってきましたが、そこに迷いが生じた以上、赤い公園のボーカルとしてステージに立つことはできません。

突然のご報告となりましたが、赤い公園という生き物、歴史に敬意をはらい、4人で紡ぐ音楽を大切にしていられるうちに、その一つの旅の幕を、降ろすことに決めました。

三人になった赤い公園の旅は、きっと頼もしく、これからもパンクに、続いていくと確信しております。
そして私は、今後のことは未だ何も考えておりませんが、まだまだ諦められない歌と共に、しぶとくオモロイ旅を続けます。
4人それぞれの音楽人生のハイライトは、この先にあると信じます。

そして、何より伝えたいこと。

良い時も悪い時も、信じて応援し続けてくれたファンのみんな。

ステージから見えるみんなの笑顔で、私はいつもとびきりの幸せ者でした。
本当に、どうもありがとう。

そんなみんなと、人前には出ないけれど、側で私達の音楽活動、そして時には気持ちまでをも支えて下さりムードのメーカーとなって下さった沢山のスタッフさん、そして、猛烈な青春を共にしてくれたメンバー。

私がボーカルを務める最後のアルバムは、そんな、音楽のおかげで出会えた全ての最the強の仲間たちのおかげで、「さぁ、世に出てこい!!」と今すぐにでも日本中に放り出したくなる最高傑作となりました。
みなさんに、心の底から感謝致します。
本当に本当に、どうもありがとうございました。

また、どこかで!

赤い公園のコメント

この夏を以ちまして、赤い公園からvo.佐藤千明が脱退する運びとなりましたことをご報告させていただきます。

2010年1月4日の初ライブから約7年半の間、たった一人でステージの真ん中に立ち続けてくれました。

佐藤の細やかな心は、赤い公園の楽曲を色づけ、輝かせてくれたように思います。

その心が窮屈そうに音を上げていることと、それに対して他の者の正義が役に立たないこと。

そんな問題を、私たちは最初から内包していたのだと思います。

とっくにこうなっていてもおかしくないような、それでももっと先のような、色んな予感の中、肩を組んで酒を酌み交わして活動してまいりました。

大決断でしたが、フルアルバムに四人のパワーを注入し切ったので、ともども晴れやかな気持ちです。

赤い公園は8年目にしてスリーピースバンドとなりますが、勿論これまでの音楽を大切に胸に抱き、三人で更なる音楽を追求し届けてゆくべく、引き続き心をこめて活動して参ります。

そして、佐藤が自分の音楽と正義と大ボケ小ボケを容赦なく全うしてゆく未来を、信じていただけたらと願います。

突然の報告になりましたが、もしよろしければ、これからも佐藤千明及び赤い公園をあたたかく見守っていただけると幸いです。

7年半、四人を愛して下さった皆様、ありがとうございました。

よろしくお願いいたします。

赤い公園より

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら