ニュース

瑛太主演の探偵ドラマ『ハロー張りネズミ』 主題歌はSOIL×野田洋次郎

SOIL&
SOIL&"PIMP"SESSIONS

連続ドラマ『ハロー張りネズミ』の主題歌が発表された。

主題歌に起用されたのは、SOIL&"PIMP"SESSIONS feat. Yojiro Nodaによる“ユメマカセ”。ドラマの音楽も手掛けるSOIL&"PIMP"SESSIONSが同作のために書き下ろした新曲となり、野田洋次郎(RADWIMPS)がボーカルと歌詞を担当している。両者のコラボレーションはドラマの脚本と演出を務める大根仁の発案によるものだという。

SOIL&"PIMP"SESSIONSは野田洋次郎について「今回初めて野田君とお仕事させていただいて、言葉の選び方、歌唱のスキル、表現力、全てにおいて『怪物』だなあと圧倒されました。僕らが書いたメロディーを見事に高いレベルの芸術に昇華させてくれた彼には、尊敬の念を禁じ得ませんた」とコメント。

野田洋次郎は「ドラマもきっと素晴らしいものになると思うので、そこに僕の声で参加できたのはうれしいですし、少しでも煌びやかさだったり、奥行きだったりが曲で出せていたらうれしいと思います」と語っている。

また大根監督は楽曲について「ソイルと野田洋次郎、音楽性の違う同士だからこそ、面白い化学反応が起きると思い、主題歌をお願いしました。その予感は当たるどころか、とんでもない名曲が出来上がりました!」と賛辞を贈っている。“ユメマカセ”は8月23日にSOIL&"PIMP"SESSIONSのニューシングルとしてリリースされる。

7月14日からTBS系で放送される『ハロー張りネズミ』は、弘兼憲史による漫画をもとにした作品。東京・板橋の下赤塚にある探偵事務所「あかつか探偵事務所」を舞台に、探偵のハリネズミこと七瀬五郎や仲間たちが様々な事件に挑む様を描く。主演を瑛太が務め、深田恭子、森田剛、山口智子、蒼井優、リリー・フランキーらがキャストに名を連ねる。

野田洋次郎のコメント

今回は会心の一作ができました。
ソイルさんとの作業は心地よく、メンバーの皆様は素敵な人達で、ありがたかったです。
ドラマもきっと素晴らしいものになると思うので、そこに僕の声で参加できたのはうれしいですし、少しでも煌びやかさだったり、奥行きだったりが曲で出せていたらうれしいと思います。
是非、聴きこんで歌っていただきたいと思います。

SOIL&"PIMP"SESSIONSのコメント

今回初めて野田君とお仕事させていただいて、言葉の選び方、歌唱のスキル、表現力、全てにおいて「怪物」だなあと圧倒されました。僕らが書いたメロディーを見事に高いレベルの芸術に昇華させてくれた彼には、尊敬の念を禁じ得ません。
この曲のアイデアの原点は、90年代初頭にロンドンのクラブを席巻していたACID JAZZサウンドです。
どこか怪しい雰囲気を持つジャジーでグルービーなソイルのバンドサウンド。そこに野田君のボーカルという新たな武器とともに現代に蘇らせました。
この曲が『ハロー張りネズミ』の世界に、興奮を誘う耳新しさと、色鮮やかな懐かしさを添えられていたとすれば、とても幸せなことです。
チャンスをくださった大根監督に感謝しています。

大根仁のコメント

ソイルと野田洋次郎、音楽性の違う同士だからこそ、面白い化学反応が起きると思い、主題歌をお願いしました。その予感は当たるどころか、とんでもない名曲が出来上がりました!震えて待っていてください!!

野田洋次郎(RADWIMPS)
野田洋次郎(RADWIMPS)
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)