急逝の中嶋しゅうの代役に斎藤歩 『アザー・デザート・シティーズ』再開へ

舞台『アザー・デザート・シティーズ』に、中嶋しゅうの代役として斎藤歩が出演することが発表された。

これは7月6日に東京・池袋の東京芸術劇場 シアターウエストで行なわれた公演初日に、出演者の中嶋しゅうが舞台から落下し、搬送先の病院で亡くなったことを受けて決定されたもの。斎藤歩はこれまでに『桜の園』『コーカサスの白墨の輪』などの舞台で中嶋しゅうと共演している。

上演は7月11日まで中止とされていたが、7月12日の公演も中止し、7月13日から再開される。公演中止に伴うチケット払い戻いなどについての情報は、主催の梅田芸術劇場のオフィシャルサイトで確認しよう。

『アザー・デザート・シティーズ』は、『トニー賞』で5部門にノミネートされたジョン・ロビン・ベイツによる戯曲。2004年の砂漠の町を舞台に、クリスマスで帰省してきた娘のブルックが、これまで家族が隠してきたある出来事の書籍化を提案するというあらすじだ。キャストには寺島しのぶ、中村蒼、麻実れい、佐藤オリエが名を連ねている。演出は熊林弘高。

  • HOME
  • Stage
  • 急逝の中嶋しゅうの代役に斎藤歩 『アザー・デザート・シティーズ』再開へ

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて