ラップの構造や実践を紐解く展覧会『ラップ・ミュージアム展』 MCバトルも

『ラップ・ミュージアム展』が、8月11日から千葉・市原湖畔美術館で開催される。

同展は、ラップを1つのアートフォームとして捉え、ラップやラップから派生した文化を紹介する展覧会。ラップの構造にフォーカスする「ART OF RAP」と、ラップに関連する表現や文化的実践に着目する「RAP PRACTICE」の2つのテーマから構成される。企画協力者には荏開津広、DARTHREIDER、磯部涼が名を連ねている。

「ART OF RAP」では、いとうせいこう & TINNIE PUNXからKOHHに至るまでの日本語ラッパーたちが用いるリズム構造を、伊藤ガビン、大谷能生の協力のもとで可視化した映像作品を展示。また会場には、Mummy-D(RHYMESTER)、ANI(スチャダラパー)、BOSE(スチャダラパー)、クボタタケシ、TWIGY、Kダブシャイン、Shing02といったラッパーたちが実際に使用するリリック帳も並ぶ予定だ。

「RAP PRACTICE」ではラップカルチャーから派生したグラフィックやパフォーマンス、ラップと地域コミュニティーの結びつきといった様々な実践を紹介。ラップが持つコミュニケーションツールとしての一面に光を当てる内容になるという。

初日の8月11日にはMCバトルイベント『ART OF RAP / RAP OF ART presented by 鎖GROUP』が開催。約10人のラッパーが、アートにまつわるテーマをもとにMCバトルを展開する。ホストMCをDARTHREIDER、審査員を同館館長の北川フラムらが務める。期間中の週末にはトークイベントなどを開催予定。詳細は市原湖畔美術館のウェブサイトで順次発表される。

イベント情報

『ラップ・ミュージアム展』

2017年8月11日(金・祝)~9月24日(日) 会場:千葉県 市原湖畔美術館
時間:10:00~17:00(土、日曜、祝日は延長あり、入場は閉館の30分前まで) 休館日:月曜(祝日の場合は翌日) 料金:一般800円 65歳以上、大学・高校生600円 ※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料
  • HOME
  • Music
  • ラップの構造や実践を紐解く展覧会『ラップ・ミュージアム展』 MCバトルも

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて