ニュース

「物語性の復権」掲げる彫刻家・遠藤利克の美術館個展『聖性の考古学』

遠藤利克『寓話V―鉛の柩』 2016年 350×120×100cm 作家蔵 展示風景:秋山画廊 撮影:椎木静寧
遠藤利克『寓話V―鉛の柩』 2016年 350×120×100cm 作家蔵 展示風景:秋山画廊 撮影:椎木静寧

『遠藤利克展―聖性の考古学』が、7月15日から埼玉・埼玉県立近代美術館で開催される。

1950年に生まれた彫刻家の遠藤利克。宮大工を営む実家や仏師のもとで一刀彫りの技術を会得し、ミニマリズムや「もの派」の影響を受けながら美術作品の制作を開始した。1987年の『ドクメンタ8』や1990年の『ヴェネチア・ビエンナーレ』にも出品したほか、国内外で個展を開催している。

同展では「美術における物語性の復権」を掲げる遠藤が、2010年代に制作した作品を中心に紹介。展示は「聖性」「考古学」をキーワードに構成され、新作を含む12点が出品される予定だ。

会期中はアンドレイ・タルコフスキー監督の映画『ストーカー』を上映し、遠藤が自作との共鳴について語るイベントや、遠藤、ヴァンジ彫刻庭園美術館学芸員の森啓輔、埼玉県立近代美術館館長の建畠晢によるトークイベントなどが開催される。参加方法の詳細は埼玉県立近代美術館のウェブサイトをチェックしよう。

遠藤利克『空洞説(ドラム状の)-2013』の焼成風景 2013年 撮影:遠藤利克
遠藤利克『空洞説(ドラム状の)-2013』の焼成風景 2013年 撮影:遠藤利克
遠藤利克『空洞説―木の舟』 2009年 113×85×1100cm 作家蔵 展示風景:青森公立大学 国際芸術センター青森 撮影:山本糾
遠藤利克『空洞説―木の舟』 2009年 113×85×1100cm 作家蔵 展示風景:青森公立大学 国際芸術センター青森 撮影:山本糾
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像