ニュース

サニーデイ・サービス初の単行本『青春狂走曲』 結成から25年を追う

サニーデイ・サービスと北沢夏音の書籍『青春狂走曲』が、8月30日に刊行される。

1994年にメジャーデビューし、翌年に1stアルバム『若者たち』を発表したサニーデイ・サービス。2000年に解散するも、2008年に再結成し、今年6月には22曲入りのアルバム『Popcorn Ballads』を突如配信限定でリリースした。

サニーデイ・サービスにとって初の単行本となる『青春狂走曲』では、デビュー当時から同バンドを追ってきたライターの北沢夏音が、40時間におよぶインタビューを敢行。結成から25年間の3人のメンバーの人生を辿る。

なお同書は8月27日に東京・日比谷野外大音楽堂で行なわれるワンマンライブ『サニーデイ・サービス サマーライブ2017』で先行販売される。

サニーデイ・サービス、北沢夏音『青春狂走曲』表紙
サニーデイ・サービス、北沢夏音『青春狂走曲』表紙
サニーデイ・サービス
サニーデイ・サービス
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)