ニュース

どついたるねんの「メモリアルアーカイブ」展に川島小鳥、梅佳代ら19組

『陽気なカツカレー展 -どついたるねんメモリアルアーカイブ-』が、8月18日から東京・原宿のトーキョー カルチャート by ビームスで開催される。

4月にキングレコード内のレーベルEVIL LINE RECORDSとのメジャー契約を発表したどついたるねん。約10年におよぶ活動を総括する同展では、彼らをサポートしてきたクリエイターによる「どついたるねん」をテーマにした新作、未発表作に加え、過去のアートワークやバンドにまつわるものを展示する。会場ではオリジナルグッズの販売も行なわれる。

出展作家は、ancco、いくしゅん、池野詩織、鵜飼健仁、梅佳代、大川久志、大橋裕之、沖真秀、金子山、川島小鳥、黒木雅巳、ごっちゃん(はやとちり)、佐伯慎亮、SAYORI WADA、ダダオ、NAZE、西光祐輔、NONCHELEEE、梁井一の19組。

初日の8月18日には、どついたるねんの新曲が披露されるオープニングパーティーを行なうほか、会期中にはトークイベントを開催。詳細は後日発表される。

さらにどついたるねんは、大槻ケンヂをゲストに迎えたライブ『どついたるねんCARNIVAL~めっちゃ楽しいよめっちゃ楽しいよめっちゃおもろいよ~』を8月30に東京・渋谷のTSUTAYA O-WESTで開催。チケットの一般販売は明日7月22日10:00からスタートする。

なお8月18日からLINE LIVEで行なわれたスタジオライブ『おならぷーぷーセッション』の模様を収めたCDが、どついたるねんが出演するライブやイベントで数量限定で無料配布されるほか、8月1日からはレコチョク、iTunes Store、moraなどでも配信。収録内容は後日発表される。

『陽気なカツカレー展 -どついたるねんメモリアルアーカイブ-』メインビジュアル
『陽気なカツカレー展 -どついたるねんメモリアルアーカイブ-』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)