ニュース

どついたるねんの「メモリアルアーカイブ」展に川島小鳥、梅佳代ら19組

『陽気なカツカレー展 -どついたるねんメモリアルアーカイブ-』が、8月18日から東京・原宿のトーキョー カルチャート by ビームスで開催される。

4月にキングレコード内のレーベルEVIL LINE RECORDSとのメジャー契約を発表したどついたるねん。約10年におよぶ活動を総括する同展では、彼らをサポートしてきたクリエイターによる「どついたるねん」をテーマにした新作、未発表作に加え、過去のアートワークやバンドにまつわるものを展示する。会場ではオリジナルグッズの販売も行なわれる。

出展作家は、ancco、いくしゅん、池野詩織、鵜飼健仁、梅佳代、大川久志、大橋裕之、沖真秀、金子山、川島小鳥、黒木雅巳、ごっちゃん(はやとちり)、佐伯慎亮、SAYORI WADA、ダダオ、NAZE、西光祐輔、NONCHELEEE、梁井一の19組。

初日の8月18日には、どついたるねんの新曲が披露されるオープニングパーティーを行なうほか、会期中にはトークイベントを開催。詳細は後日発表される。

さらにどついたるねんは、大槻ケンヂをゲストに迎えたライブ『どついたるねんCARNIVAL~めっちゃ楽しいよめっちゃ楽しいよめっちゃおもろいよ~』を8月30に東京・渋谷のTSUTAYA O-WESTで開催。チケットの一般販売は明日7月22日10:00からスタートする。

なお8月18日からLINE LIVEで行なわれたスタジオライブ『おならぷーぷーセッション』の模様を収めたCDが、どついたるねんが出演するライブやイベントで数量限定で無料配布されるほか、8月1日からはレコチョク、iTunes Store、moraなどでも配信。収録内容は後日発表される。

『陽気なカツカレー展 -どついたるねんメモリアルアーカイブ-』メインビジュアル
『陽気なカツカレー展 -どついたるねんメモリアルアーカイブ-』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開