写真展『マグナム創設の原点』 マグナム・フォトの創設期10人の作品を紹介

『FUJIFILM SQUARE 開館10 周年記念写真展 ~世界中に影響を与えた写真家集団~「マグナム創設の原点」』が、10月6日から東京・六本木のフジフイルム スクエアで開催される。

同展は、フジフイルム スクエアの開館10周年を記念する12の写真展の一環として開催。1947年にロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソンらが結成した国際的な写真家集団マグナム・フォトの創設期メンバー10人による約70点の銀塩オリジナルプリントを展示する。展示は「Part I 創設者4人が写真家として活動を開始」「Part II 第二次世界大戦」「Part III マグナム創設とその後」の3部構成となる。

出品作家は、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソンに加えて、デビッド・シーモア、ジョージ・ロジャー、ワーナー・ビショフ、マルク・リブー、インゲ・モラス、イヴ・アーノルド、エリオット・アーウィット、デニス・ストック。

会期中には同展のキュレーター小川潤子(マグナム・フォト東京支社)による講演会などを開催。詳細はフジフイルム スクエアのオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『FUJIFILM SQUARE 開館10 周年記念写真展 ~世界中に影響を与えた写真家集団~「マグナム創設の原点」』

2017年10月6日(金)~10月25日(水) 会場:東京都 六本木 フジフイルム スクエア 時間:10:00~19:00(入館は閉館の10分前まで) 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 写真展『マグナム創設の原点』 マグナム・フォトの創設期10人の作品を紹介

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて