『ヒッキー・ソトニデテミターノ』来年再演、岩井秀人が自ら主演

ハイバイの舞台『ヒッキー・ソトニデテミターノ』が、2018年2月から東京・池袋の東京芸術劇場 シアターイーストほかで上演される。

『ヒッキー・ソトニデテミターノ』は、引きこもり生活から脱出した主人公・登美男が自らの経験を活かして、引きこもりの人々の支援活動を行なう様を描く作品。登美男自身の引きこもり時代を描いた『ヒッキー・カンクーントルネード』の続編として2012年に初演され、登美男役を吹越満が演じた。

今回の再演では、作・演出を務める岩井秀人が自ら登美男役で主演。共演者には上田遥、平原テツ、田村健太郎、チャン・リーメイ、能島瑞穂、高橋周平、猪股俊明、古舘寛治が名を連ねている。東京公演を皮切りに、新潟、三重、兵庫、パリを巡演する。初演時はパルコのプロデュース公演として上演されたため、同作をハイバイとして上演するのは今回が初となる。ハイバイがヨーロッパで公演を行なうのは今回が初めて。

なおハイバイが複数の中編作品を披露する公演『ハイバイ、もよおす』が7月29日から神奈川・横浜のKAAT 神奈川芸術劇場で上演される。

イベント情報

ハイバイ
『ヒッキー・ソトニデテミターノ』

2018年2月から上演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト、新潟県 りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館、三重県 三重県文化会館 小ホール、兵庫県 AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)、フランス 国際交流基金 パリ日本文化会館 作・演出:岩井秀人 出演: 岩井秀人 上田遥 平原テツ 田村健太郎 チャン・リーメイ 能島瑞穂 高橋周平 猪股俊明 古舘寛治
  • HOME
  • Stage
  • 『ヒッキー・ソトニデテミターノ』来年再演、岩井秀人が自ら主演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて