ニュース

廣瀬純の映画論集『シネマの大義』刊行、帯文は黒沢清 菊地成孔とトークも

廣瀬純の書籍『シネマの大義 廣瀬純映画論集』が本日7月25日に刊行された。

同書には、映画批評家の廣瀬純が、2006年から2017年までに執筆した国内未発表、単行本未収録を含む映画批評、論考に加えて講演、討議、座談会などを収録。目次には、「ポー、エプシュタイン、青山 ユリイカ対ユリイカ」「『ダゲレオタイプの女』問題、あるいは、黒沢映画の唯物論的転回」「フーコー/イーストウッド 無理な芝居の一撃」「クエンティン・タランティーノ Shoot This Piece of Shit」「鈴木清順 運命、恥辱、人民」といった見出しが並んでいる。

帯には黒沢清監督が「ただちょっと面白いだけで、あとはさっぱり役立たずだった映画というものが、廣瀬純の言葉によって今ようやく何かの役に立とうとしている!」とコメントを寄せている。

また8月10日には廣瀬純と菊地成孔によるトークイベントが東京・青山ブックセンター本店で開催。菊地成孔はイベント当日の8月10日に映画評論集『菊地成孔の欧米休憩タイム』を上梓する。イベントの詳細はフィルムアート社のオフィシャルサイトで確認しよう。

廣瀬純は1971年生まれの批評家。『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』およびフランスの映画批評誌『VERTIGO』の元編集委員で、現在は龍谷大学経営学部の教授を務める。著書に『アントニオ・ネグリ 革命の哲学』『蜂起とともに愛がはじまる 思想/政治のための32章』『資本の専制、奴隷の叛逆 「南欧」先鋭思想家8人に訊く ヨーロッパ情勢徹底分析』『暴力階級とは何か 情勢下の政治哲学2011-2015』など。

廣瀬純『シネマの大義 廣瀬純映画論集』表紙
廣瀬純『シネマの大義 廣瀬純映画論集』表紙
廣瀬純
廣瀬純
菊地成孔
菊地成孔
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表 1

    アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表

  2. カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送 2

    カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送

  3. 高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』 3

    高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』

  4. 有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面 4

    有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面

  5. CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催 5

    CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催

  6. 柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に 6

    柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に

  7. ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に 7

    ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に

  8. 香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」 8

    香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」

  9. 木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』 9

    木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』

  10. 歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言 10

    歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言