ニュース

廣瀬純の映画論集『シネマの大義』刊行、帯文は黒沢清 菊地成孔とトークも

廣瀬純の書籍『シネマの大義 廣瀬純映画論集』が本日7月25日に刊行された。

同書には、映画批評家の廣瀬純が、2006年から2017年までに執筆した国内未発表、単行本未収録を含む映画批評、論考に加えて講演、討議、座談会などを収録。目次には、「ポー、エプシュタイン、青山 ユリイカ対ユリイカ」「『ダゲレオタイプの女』問題、あるいは、黒沢映画の唯物論的転回」「フーコー/イーストウッド 無理な芝居の一撃」「クエンティン・タランティーノ Shoot This Piece of Shit」「鈴木清順 運命、恥辱、人民」といった見出しが並んでいる。

帯には黒沢清監督が「ただちょっと面白いだけで、あとはさっぱり役立たずだった映画というものが、廣瀬純の言葉によって今ようやく何かの役に立とうとしている!」とコメントを寄せている。

また8月10日には廣瀬純と菊地成孔によるトークイベントが東京・青山ブックセンター本店で開催。菊地成孔はイベント当日の8月10日に映画評論集『菊地成孔の欧米休憩タイム』を上梓する。イベントの詳細はフィルムアート社のオフィシャルサイトで確認しよう。

廣瀬純は1971年生まれの批評家。『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』およびフランスの映画批評誌『VERTIGO』の元編集委員で、現在は龍谷大学経営学部の教授を務める。著書に『アントニオ・ネグリ 革命の哲学』『蜂起とともに愛がはじまる 思想/政治のための32章』『資本の専制、奴隷の叛逆 「南欧」先鋭思想家8人に訊く ヨーロッパ情勢徹底分析』『暴力階級とは何か 情勢下の政治哲学2011-2015』など。

廣瀬純『シネマの大義 廣瀬純映画論集』表紙
廣瀬純『シネマの大義 廣瀬純映画論集』表紙
廣瀬純
廣瀬純
菊地成孔
菊地成孔
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“庭をでて”

2月21日発売のThe Wisely Brothers待望のフルアルバムから“庭をでて”のPVが公開。森の中で演奏する姿は、絵本の中に登場する動物たち、もしくは妖精たちの演奏会のよう。3人の仲の良さとバランスの良さが伝わる、見るたびにワイズリーの魅力が発見できるPV。(川浦)

  1. アニメキャラの大量の「目」が新宿駅を占拠、Netflix『アニ“目”ジャック』 1

    アニメキャラの大量の「目」が新宿駅を占拠、Netflix『アニ“目”ジャック』

  2. 官能恋愛映画『フィフティ・シェイズ・フリード』今秋公開 シリーズ最終章 2

    官能恋愛映画『フィフティ・シェイズ・フリード』今秋公開 シリーズ最終章

  3. スタートトゥデイ前澤友作がフランス芸術文化勲章オフィシエを受章 3

    スタートトゥデイ前澤友作がフランス芸術文化勲章オフィシエを受章

  4. 実写版『聖☆おにいさん』イエス役は松山ケンイチ、ブッダ役は染谷将太 4

    実写版『聖☆おにいさん』イエス役は松山ケンイチ、ブッダ役は染谷将太

  5. 橋本愛×門脇麦×成田凌 山内マリコ『ここは退屈迎えに来て』映画化 5

    橋本愛×門脇麦×成田凌 山内マリコ『ここは退屈迎えに来て』映画化

  6. 田中圭がご当地グルメと人妻に出会うドラマ『不倫食堂』 共演に安達祐実ら 6

    田中圭がご当地グルメと人妻に出会うドラマ『不倫食堂』 共演に安達祐実ら

  7. ウルフルケイスケがウルフルズとしての活動休止 ソロ活動に専念 7

    ウルフルケイスケがウルフルズとしての活動休止 ソロ活動に専念

  8. 星野源×ELEVENPLAY 『ドラえもん』風の空間でダンスする新曲PV公開 8

    星野源×ELEVENPLAY 『ドラえもん』風の空間でダンスする新曲PV公開

  9. のん個展『‘のん’ひとり展-女の子は牙をむく-』4月開催、図録やグッズも 9

    のん個展『‘のん’ひとり展-女の子は牙をむく-』4月開催、図録やグッズも

  10. 会田誠は今の日本を体現している? 曖昧で不明瞭な日本を描く 10

    会田誠は今の日本を体現している? 曖昧で不明瞭な日本を描く