京都発3ピース・台風クラブの初アルバム『初期の台風クラブ』 8月発売

台風クラブのアルバム『初期の台風クラブ』が、8月23日にリリースされる。

山本啓太(Ba)、石塚淳(Vo,Gt)、伊奈昌宏(Dr)によるスリーピースバンド・台風クラブ。京都を拠点に活動し、2015年に発表したCD-R『ずる休み』の収録曲が、本秀康主宰の雷音レコードから7インチアナログ盤としてリリースされている。

初の全国流通盤フルアルバムとなる『初期の台風クラブ』には、“ずる休み”“処暑”などの楽曲や、今年に7インチシングルとして発表された“相棒”“飛・び・た・い”など10曲を収録。既発曲は全てリテイクされる。ミキシングエンジニアとして江添恵介(渚のベートーベンズ)、マスタリングエンジニアとして吉川昭仁(Studio Dede)が参加している。ジャケットはメンバーの石塚淳が手掛けており、アナログ盤のジャケットはメンバーによる手刷りで制作されるという。

台風クラブ『初期の台風クラブ』収録内容

1. 台風銀座
2. ついのすみか
3. ずる休み
4. ダンスフロアのならず者
5. 相棒
6. 春は昔
7. 42号線
8. 処暑
9. 飛・び・た・い
10. まつりのあと

 

リリース情報
リリース情報
  • HOME
  • Music
  • 京都発3ピース・台風クラブの初アルバム『初期の台風クラブ』 8月発売

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて