グレン・グールド1955年版『ゴールドベルク変奏曲』の全テイク収録ボックス

ボックスセット『グレン・グールド/ゴールドベルク変奏曲 コンプリート・レコーディング・セッションズ1955』が9月1日にリリースされる。

1932年にカナダ・トロントで生まれたピアニストのグレン・グールド。幼少期に母親からピアノの手ほどきを受け、トロント王立音楽院で学ぶ。1956年にヨハン・セバスティアン・バッハの『ゴールドベルク変奏曲』でレコードデビュー。1964年にはコンサート活動から引退し、以後レコード録音やラジオ、テレビなどの放送媒体のみによる演奏活動に入る。1982年に脳卒中により50歳で逝去。

グレン・グールドの生誕85年を記念して、グールド・エステイトの協力のもと発売される同作は、デビュー作『ゴールドベルク変奏曲』が生み出された1955年6月10日から6月16日の4日間にアメリカ・ニューヨークのコロンビア30丁目スタジオで行なわれた録音セッションの中から、現存する全音源を収録したCD7枚とLP1枚、280ページにおよぶ別冊解説書で構成されるボックスセット。ボックスの総重量は約5キロ、収録時間は6時間52分となる。

CD1からCD5には録音セッションの全テイクを、テイク間のグレン・グールドとプロデューサーのハワード・スコットとのやり取りも含めて各変奏ごとに収録。CD6は1981年の再録盤『ゴールドベルク変奏曲』の発売に際してCBSが企画した販促用のインタビューで、1984年に『ゴールドベルク変奏曲』の新・旧録音と共に3枚組のLPとして発売されたものとなる。

CD7は、2015年の『グレン・グールド・リマスタード ザ・コンプリート・アルバム・コレクション』発売に際してDSDリマスターされた1955年盤『ゴールドベルク変奏曲』の最終編集版。LPは、CD7と同じ2015年のDSDリマスターを用いてチェコのGZ Mediaでプレスされたもの。

英語、ドイツ語、フランス語によるオールカラーの別冊解説書には、セッションを巡るグレン・グールド研究者のエッセイや、オリジナルプロデューサーへのインタビューに加えて、当時のコロンビアレコードが保管していた様々な記録書類や関連資料の現物をスキャンした写真などを掲載。さらに日本盤には、グレン・グールド研究者の宮澤淳一による新規解説および日本語訳を掲載した「日本語スペシャル・ブックレット」が封入される。

リリース情報
  • HOME
  • Music
  • グレン・グールド1955年版『ゴールドベルク変奏曲』の全テイク収録ボックス

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて