『鈴木康広 始まりの庭』展 「庭」に見立てた会場に新作含む60点超

展覧会『鈴木康広 始まりの庭』が8月5日から神奈川・箱根の彫刻の森美術館 本館ギャラリー、マルチホールで開催される。

1979年に静岡で生まれたアーティストの鈴木康広。独自の方法で自然現象を捉え直した作品を国内外で発表している。代表作に『ファスナーの船』『まばたきの葉』『空気の人』などがあり、2016年には『第1回ロンドン・デザイン・ビエンナーレ2016』に日本代表作家として公式参加した。

彫刻の森美術館による現代の新しい創作表現を紹介するシリーズの第7回となる『鈴木康広 始まりの庭』。「空気と水」「重力」「反転」「瞬間」などのテーマにより「庭」に見立てて構成される本館ギャラリーには、『上/下 重力と磁力の彫刻』『自然を測るメトロノーム』『軽さを測る天秤』など新作10点を含む58点が展示される。マルチホールでは、2003年に発表された『まばたきの葉』や「まばたき」をテーマにした作品計4点を紹介する。

イベント情報

『鈴木康広 始まりの庭』

2017年8月5日(土)~ 2018年2月25日(日) 会場:神奈川県 箱根 彫刻の森美術館 本館ギャラリー、マルチホール 時間:9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで) 料金:大人1,600円 大・高校生1,200円 中・小学生800円
  • HOME
  • Art,Design
  • 『鈴木康広 始まりの庭』展 「庭」に見立てた会場に新作含む60点超

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて