ニュース

haruka nakamura PIANO ENSEMBLEの新作『光』 熊本地震に捧げる新曲も

haruka nakamura PIANO ENSEMBLE『光』ジャケット
haruka nakamura PIANO ENSEMBLE『光』ジャケット

haruka nakamura PIANO ENSEMBLEのニューアルバム『光』が、8月8日にリリースされる。

2006年から音源を発表している音楽家のharuka nakamura。haruka nakamura PIANO ENSEMBLEは、メンバーにARAKI shin(Sax、Fl)、内田輝(Sax)、斎藤功(Perc)、根本理恵(Vl)を迎えた編成となり、これまでに『音楽のある風景』『CURTAIN CALL』の2作品を発表しているほか、7月には約2年半にわたるツアーを終えた。

haruka nakamura PIANO ENSEMBLEによる3部作の最終章となる新作『光』は約85分に及ぶ2枚組作品。DISC1には3月11日に東京・永福町のsonoriumで公開録音された“nowhere”“SIN”“四月の装丁”“音楽のある風景”の4曲を収録する。DISC2にはCANTUSやbaobab、うららが歌唱で参加しており、熊本地震の被災地に捧げた新曲“灯台”などの3曲を収める。またボーナストラックとして“はじまりの賛美歌”“夕べの祈り”をダウンロードすることができる。

haruka nakamura PIANO ENSEMBLE
haruka nakamura PIANO ENSEMBLE
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)