ニュース

荒川ケンタウロスがワンマンライブ開催、3か月連続で配信限定シングルも

荒川ケンタウロス
荒川ケンタウロス

荒川ケンタウロスのワンマンライブ『SUMMER NIGHT FEVER』が8月19日に東京・新代田のFEVERで開催。同日に配信限定シングル『暁』をリリースする。

ワンマンライブ『SUMMER NIGHT FEVER』のチケットは現在販売中。チケット1枚で2人入場可能のほか、学生は学生証提示で500円キャッシュバックされる。

『暁』は荒川ケンタウロスにとって約1年9か月ぶりの新作。自主レーベル「MY UNCLE IS VERY FAMOUS TENNIS PLAYER RECORDS」から3か月連続でリリースされるシングルの第1弾となり、タイトル曲とそのカラオケバージョンの全2曲を収録する。YouTubeでは同作のトレイラーが公開中。

息子のために作詞作曲したというメンバーの楠本(Gt)は、「今回から荒川ケンタウロスは完全にセルフプロデュース。原点に立ち戻り楽しみながら音楽を作っています。もちろん最新作にして常に最高傑作を」とコメントしている。

また8月19日から、11月11日に東京・多摩六都科学館のプラネタリウムで行なわれるアコースティックワンマンライブ『starry night flight』のチケットのファンクラブ先行受付が開始となるほか、来年の4月8日に東京・渋谷CLUB QUATTROで開催されるワンマンライブのチケットも先行販売される。

楠本(Gt / 荒川ケンタウロス)のコメント

この曲は愛する息子のために。
僕には2人の子供がいますが、生まれてから一緒に過ごせる時間というのは本当にあっという間。
僕らが何気なく過ごしてしまってる一年間でも彼らは急ぎ足で大人になってしまう。
用意着々と旅の支度をしているわけです。
それが嬉しくもあり、さみしくもあり、楽しみでもあります。
生まれてからまだ数年しか経っていないというのにすでに僕の全てです。
4歳になる娘(溺愛)への曲もすでにライブでは何度か披露してますがまだ音源化できてません。順番が逆になってるけど、それもまぁそのうち。
歌詞に願いを込めて。
今回から荒川ケンタウロスは完全にセルフプロデュース。原点に立ち戻り楽しみながら音楽を作っています。もちろん最新作にして常に最高傑作を。

荒川ケンタウロス『暁』ジャケット
荒川ケンタウロス『暁』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年