ニュース

『ラテンビート映画祭』にP・ラライン、M・ウィンターボトムなど7作品

上映企画『第14回ラテンビート映画祭』の開催が発表。上映ラインナップが発表された。

スペインや中南米などを題材にした映画作品を紹介する『ラテンビート映画祭』。今回は10月5日から東京・新宿バルト9、10月21日から大阪・梅田ブルク7、11月2日から神奈川・横浜ブルク3で開催される。

ラインナップには、カルロス・サウラ監督がスペイン北東部の民族舞踊・ホタを取材したドキュメンタリー映画『Jota de Saura(原題)』、人と違う体を持った4人の生活を描く『スキン』、アメリカに不法滞在する女性が主人公のスリラー『Most Beautiful Island(原題)』、母と別れた少女の成長を描く『夏、1993』、コメディアンのスペイン旅行を描くマイケル・ウィンターボトム監督作『The Trip to Spain(原題)』、『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』のパブロ・ラライン監督が詩人パブロ・ネルーダの実話を脚色する『Neruda(原題)』、著名人の集まるパーティーが反政府ゲリラに占拠されるというあらすじの『ベル・カント』などが並ぶ。

ラインナップは今後も追加予定。関連イベントも順次発表される。

『第14回ラテンビート映画祭』メインビジュアル
『第14回ラテンビート映画祭』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

蓮沼執太&ユザーン“ベーグル”

今年5月15日に渋谷WWWで開催された『蓮沼執太&ユザーン プレイ・ツートーン』で初演された“ベーグル”。当初はこのイベントのみの披露予定で作られたものだったが「もう一度聞きたい」という強いリクエストにより録音、今回のPV公開となった。ハドソン川や公園、デリなど、NY・ブルックリンの日常風景が心地よい。(宮原)