ニュース

中谷美紀と国仲涼子がキス 性同一性障害の主人公描く『片想い』予告編

『連続ドラマW 東野圭吾「片想い」』ポスタービジュアル
『連続ドラマW 東野圭吾「片想い」』ポスタービジュアル

『連続ドラマW 東野圭吾「片想い」』の放送開始日が10月21日決定。予告編と追加キャストが公開された。

東野圭吾の小説『片想い』を映像化する同作は、女性の体に生まれ、現在は男性として生きる日浦美月を主人公にした作品。再会した美月に性同一性障害であることと、「人を殺した」ということを告白されたかつてのアメリカンフットボール部の仲間たちが、美月を守ろうと決意するというあらすじだ。美月役を中谷美紀、チームのエースだった西脇哲朗役を桐谷健太、美月と共にマネージャーを務めていた哲朗の妻・西脇理沙子役を国仲涼子、新聞記者として働く早田幸弘役を大谷亮平が演じる。

予告編では美月が「俺は今、男として生きてる」「物心ついた頃から俺は自分のことを男だと思ってた」と哲朗に告げるシーンや、美月が関わっているとされる殺人事件を取材する早田の様子、美月と鈴木浩介演じる元恋人が再会する場面、美月が大学時代から思いを寄せていた理沙子を後ろから抱きしめ、2人がキスするシーンなどが確認できる。

あわせて発表された追加キャストは、かつてのアメリカンフットボール部員で現在は保険会社に勤務する須貝誠役の和田正人、美月が男として働くクラブのホステス・佐伯香里役の中村アンをはじめ、高月彩良、眞島秀和、赤堀雅秋、酒井美紀、丘みつ子、田中要次、秋吉久美子、田中泯、橋爪功ら。

和田正人のコメント

人を想うという純粋な心の在り方を、底辺から覆される程の、人の愛の深さを感じさせられるドラマです。僕が演じる須貝という人間は、一般的な真っ当なサラリーマンです。このドラマを一般的な目線で観る為の、視聴者目線の役柄です。僕の役に寄り添って観て頂ける事で、よりこの作品の深みを感じられると思います。素直な気持ちで最後まで楽しんでください。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)