写真と舞台表現を拡張する三野新の写真展『偶数と奇数の実験』

三野新の個展『偶数と奇数の実験』が、8月19日から東京・恵比寿のG/P galleryで開催される。

1987年に生まれた三野新は、早稲田大学で演劇を学び、現在は東京藝術大学大学院の博士後期課程に在籍。「現代の恐怖の予感を視覚化する」をテーマに、写真を演劇的手法と捉えた作品を制作している。2010年からパフォーマンスユニット・ヒッピー部を率いて公演を行なっているほか、写真家としても活動。今年に新たな舞台芸術カンパニー・ニカサンを設立した。

『偶数と奇数の実験』は、9月15日から東京・早稲田小劇場どらま館で上演されるニカサンの公演『偶数と奇数』をもとにした展示。実際の舞台装置をG/P galleryの空間にあわせて設置し、「写真的表現」を行なうという。期間中には三野新と出演者による公開ワークショップが行なわれる。スケジュールの詳細はG/P galleryのウェブサイトをチェックしよう。

ニカサンの舞台『偶数と奇数』では、三野新が作、演出、写真を担当。出演者に大場みなみ、佐藤駿、善積元が名を連ねているほか、美術と音楽を涌井智仁が手掛けている。チケットは現在販売中だ。

イベント情報

三野新
『偶数と奇数の実験』

2017年8月19日(土)~8月27日(日) 会場:東京都 恵比寿 G/P gallery 時間:12:00~20:00 料金:無料
イベント情報

ニカサン
『偶数と奇数』

2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝) 会場:東京都 早稲田小劇場どらま館
作・演出・写真:三野新 美術・音楽:涌井智仁 出演: 大場みなみ 佐藤駿 善積元 料金:前売3,000円 当日3,500円
  • HOME
  • Art,Design
  • 写真と舞台表現を拡張する三野新の写真展『偶数と奇数の実験』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて