岩松了作・演出 さいたまゴールド・シアターの舞台『薄い桃色のかたまり』

舞台『さいたまゴールド・シアター第7回公演「薄い桃色のかたまり」』が9月21日から埼玉・さいたま芸術劇場 インサイド・シアターで上演される。

さいたまゴールド・シアターは、「年齢を重ねた人々が、その個人史をベースに、身体表現という方法によって新しい自分に出会うことは可能か」という蜷川幸雄の発案をもとに、2006年に1200人を超える応募者の中から選出された48人で発足した劇団。7月時点での平均年齢は78歳となる。

さいたまゴールド・シアターにとって6年ぶりの新作公演となる今回は、第1回公演の『船上のピクニック』と第5回公演の『ルート99』で、演出の蜷川幸雄とタッグを組んだ岩松了が作、演出を担当。劇作のモチーフは「福島」となる。同公演には、18歳以上で構成されるさいたまネクスト・シアターのメンバーも出演する。なお岩松了は、次回公演は「福島」をモチーフにすることを生前の蜷川幸雄と話しており、昨年の夏と今年の春に福島への取材旅行を行なったという。チケットは現在販売中。

イベント情報

さいたまゴールド・シアター第7回公演
『薄い桃色のかたまり』

2017年9月21日(木)~10月1日(日)全10公演 会場:埼玉県 さいたま芸術劇場 インサイド・シアター
作・演出:岩松了 石井菖子 石川佳代 宇畑稔 大串三和子 小川喬也 小渕光世 葛西弘 神尾冨美子 上村正子 北澤雅章 小林允子 佐藤禮子 重本惠津子 田内一子 高田誠治郎 高橋清 滝澤多江 竹居正武 谷川美枝 田村律子 ちの弘子 都村敏子 寺村耀子 遠山陽一 德納敬子 中野富吉 中村絹江 西尾嘉十 林田惠子 百元夏繪 益田ひろ子 美坂公子 宮田道代 森下竜一 吉久智恵子 渡邉杏奴 周本絵梨香 竪山隼太 堀源起 茂手木桜子 内田健司 中西晶 白川大 續木淳平 井上夕貴 佐藤蛍 鈴木真之介 高橋英希 ほか 料金:一般4,000円 メンバーズ3,600円
  • HOME
  • Stage
  • 岩松了作・演出 さいたまゴールド・シアターの舞台『薄い桃色のかたまり』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて