又吉直樹が編集長『又吉直樹マガジン 椅子』 吉岡里帆、壇蜜らも登場

雑誌『又吉直樹マガジン 椅子』が9月9日と10日に東京・有楽町のよみうりホールで開催される又吉直樹(ピース)のライブ『さよなら、絶景雑技団』の会場で販売される。

又吉直樹が初めて編集長を務める雑誌『又吉直樹マガジン 椅子』。椅子が好きだという又吉が、様々な視点で「椅子」を切り取る企画を立案・ディレクションした。

同誌では相方の綾部祐二をはじめ、吉岡里帆、柄本明、壇蜜が街中で椅子と絡む様子を捉えたグラビアや、又吉との座談会を収録。さらに又吉が原稿用紙20枚に椅子にまつわる思い出を綴った書き下ろしのエッセイ『椅子をめぐる自叙伝』、又吉が考案した理想の椅子を制作するルポ、大橋裕之による漫画などが全64ページにわたって収められる。寄稿者には苫野一徳、せきしろ、西木ファビアン、赤嶺総理、難波麻人も名を連ねる。

『又吉直樹マガジン 椅子』は又吉主催のライブイベントの会場に加え、又吉の芸人としての活動と本が交わる場所で順次限定販売される予定だ。又吉は同誌について「日常的に使う『椅子』というものが、なぜか子どもの頃から気になる存在でした。そして最近、雑誌を作ってみたいと思い立ち、結果、生まれたのがこの雑誌です」と明かしている。

又吉直樹のコメント

日常的に使う『椅子』というものが、なぜか子どもの頃から気になる存在でした。
そして最近、雑誌を作ってみたいと思い立ち、結果、生まれたのがこの雑誌です。
僕はライブも雑誌も好きです。そういうものが同じ場所で交わるというのが面白い。
ライブのグッズという位置付けではなく、独立した一つの雑誌として作ったつもりです。

イベント情報

『さよなら、絶景雑技団』

2017年9月9日(土)、9月10日(日) 会場:東京都 有楽町 よみうりホール
出演: 又吉直樹 五明拓弥(グランジ) 池田一真(しずる) 村上純(しずる) 田所仁(ライス) 関町知弘(ライス) 児玉智洋(サルゴリラ) 赤羽健一(サルゴリラ) 根建太一(囲碁将棋) 中村英将(ゆったり感) 向井慧(パンサー) 好井まさお(井下好井) 小川暖奈(スパイク) 料金:前売6,000円 当日6,500円
  • HOME
  • Book
  • 又吉直樹が編集長『又吉直樹マガジン 椅子』 吉岡里帆、壇蜜らも登場

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて