ニュース

松尾スズキ作・演出『業音』が開幕 松尾スズキ&平岩紙のコメント到着

『日本総合悲劇協会 Vol.6「業音」』公演風景 撮影:田中亜紀
『日本総合悲劇協会 Vol.6「業音」』公演風景 撮影:田中亜紀

松尾スズキ作・演出の舞台『日本総合悲劇協会 Vol.6「業音」』が、8月10日に東京・池袋の東京芸術劇場シアターイーストで開幕。舞台写真とコメントが公開された。

「悲劇」をテーマに、松尾スズキが作・演出を手掛けるプロデュース公演「日本総合悲劇協会」。2002年にシリーズ第3作目として上演された『業音』の約15年ぶりの再演となり、主人公を大人計画作品では初めて主演を務める平岩紙が演じている。共演者は松尾スズキ、池津祥子、伊勢志摩、宍戸美和公、宮崎吐夢、皆川猿時、村杉蝉之介、ダブルキャストとなる康本雅子とエリザベス・マリー。

松尾スズキは本番開幕の手ごたえについて「(出演していて)想像通り、疲れますね(笑)15年前のネタでも、皆、普通にウケているんです。笑いが起きないと、この芝居は成立しないなと思っていたので、そういうことに関してはすごくうまくいっているなと思っています」と自信を見せているほか、主演の平岩について「開幕して、アンケートを読むと、平岩について『すごい』という評価が多くて。平岩が演じる『土屋みどり』という女は、一言でいうと“すごい業の”女。演じて『すごい』という評価がもらえたというのは、もう成功に近い話じゃないかと思っています」とコメント。

平岩は「開幕して、お客さんの表情を見ると笑っていたり、吸収しようとしてくれていたり、そんなエネルギーをこちらがもらって演じる力を頂いてます。特に私の役はお客さんと物語の間を行き来するような役なので一緒に、その空間を作っている感覚というか。たった2時間ですが、自分にとっては運動会をしている気分です(笑)お客さんの応援の中、そこを駆け巡っているような...」と語っている。

同公演は東京公演終了後、名古屋、福岡、大阪、松本を巡演。さらにフランス・パリの演劇祭『フェスティバル・ドートンヌ』への参加も決定しており、10月5日から3日間にわたってパリ日本文化会館で上演される。

松尾スズキのコメント

開幕した手ごたえ
(出演していて)想像通り、疲れますね(笑)
15年前のネタでも、皆、普通にウケているんです。笑いが起きないと、この芝居は成立しないなと思っていたので、そういうことに関してはすごくうまくいっているなと思っています。
それと平岩の評価はすごく気になっていました。そこはやはり芝居全体の成功に関わることだと思うので。15年前に演じた荻野目慶子さんとは全然違うアプローチで主演の土屋という女を平岩が演じるというのは、客もどうやるんだろと思っていたと思うんです。
開幕して、アンケートを読むと、平岩について「すごい」という評価が多くて。平岩が演じる「土屋みどり」という女は、一言でいうと“すごい業の”女。演じて「すごい」という評価がもらえたというのは、もう成功に近い話じゃないかと思っています。

出演者がほぼ劇団員であることについて
この「業音」は、みんな2時間ノンストップで走り続ける芝居。劇団員皆、それなりにキャリアがあるので、危うくなっても誰かが助けるみたいな、劇団なりのノリというか、結成から約30年経ちますけど、劇団のよさを感じますね。

観劇しようか迷っている人へのPRコメント
洗練されたお芝居、リアルな芝居というのは多いと思いますが、芝居本来が持つエネルギーを最大限に放出して勝負している芝居というのは、あまり見ないと思うんです。是非この機会に、役者の魂が燃える様を観てほしいと思います。

平岩紙のコメント

開幕した手ごたえ
開幕して、お客さんの表情を見ると笑っていたり、吸収しようとしてくれていたり、そんなエネルギーをこちらがもらって演じる力を頂いてます。特に私の役はお客さんと物語の間を行き来するような役なので一緒に、その空間を作っている感覚というか。
たった2時間ですが、自分にとっては運動会をしている気分です(笑)お客さんの応援の中、そこを駆け巡っているような…。
この作品は、お客さんの観ている側の気持ちも忙しいと思います。笑っている次には裏切られたかのようなハッとした空気に襲われたり…。でも、そのはざまでドッと笑ってもらえるというのは、改めて松尾さんの演出はすごいなと思います。

大人計画作品での初主演について
お話の中心人物なので、もちろんしっかりやらなきゃとは思いますが、主役というよりも先輩たちと一緒に創っている感覚の方が強いです。各々が大切な場面にちゃんとその責任を果たして演じているのが、トスをあげあっているような感じがして。日々幸せを感じています。一回一回の公演、その時その時を大事にしたいと思います。

観劇しようか迷っている人へのPRコメント
自分だったらこの芝居絶対観たいです!(笑)だからおすすめです(笑)
絶対観たほうがいいと思うんですよ。踊りもあって、セットも面白いし、音楽も照明も衣裳も素敵だし…。
初演の時作られた世界観や緊張感も引き継ぎつつ、今回の「業音」に全部がピタッと新たに生まれ変わったなと思います。
あと「業音」は、とにかく台詞がいいんです。皆さんそれぞれに響く台詞があると思います。どの台詞が響くかは、人それぞれに違うと思うので、お客さんにはそれを見つけにきてほしいですね。
たった2時間ですし、間違いなく飽きないと思います!怖がっている方もいるかもしれませんが、怖いものみたさにぜひいらしてください(笑)

『日本総合悲劇協会 Vol.6「業音」』公演風景 撮影:田中亜紀
『日本総合悲劇協会 Vol.6「業音」』公演風景 撮影:田中亜紀
『日本総合悲劇協会 Vol.6「業音」』公演風景 撮影:田中亜紀
『日本総合悲劇協会 Vol.6「業音」』公演風景 撮影:田中亜紀
『日本総合悲劇協会 Vol.6「業音」』公演風景 撮影:田中亜紀
『日本総合悲劇協会 Vol.6「業音」』公演風景 撮影:田中亜紀
『日本総合悲劇協会 Vol.6「業音」』公演風景 撮影:田中亜紀
『日本総合悲劇協会 Vol.6「業音」』公演風景 撮影:田中亜紀
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業