ニュース

『くまの子ウーフ』の絵本作家・井上洋介展 初期から晩年までの約150点

『開館40周年記念III 奇喜怪快 井上洋介の絵本展』が8月24日から東京・上井草のちひろ美術館・東京で開催される。

1931年に東京で生まれ、2016年に84歳で逝去した絵本作家の井上洋介。絵本をはじめ漫画、イラストレーション、タブロー、舞台美術など多彩なジャンルで活動した。

同展では、井上洋介の初期から晩年までの作品約150点を展示。絵本画家としてのデビュー作『おだんごぱん』やロングセラーとなった『くまの子ウーフ』、1970年代から展開した自作絵本、谷川俊太郎が文を手掛けた『こわくない』、京極夏彦と制作した『うぶめ』といった絵本原画を中心に、タブローや漫画などを紹介する。会期中の9月24日には、絵本画家の片山健と編集者の土井章史による対談『井上洋介を語る』を開催。

井上洋介『くまの子ウーフ』(ポプラ社)より 1969年 刈谷市美術館蔵
井上洋介『くまの子ウーフ』(ポプラ社)より 1969年 刈谷市美術館蔵
井上洋介『おだんごぱん』(福音館書店)より 1960年 刈谷市美術館蔵
井上洋介『おだんごぱん』(福音館書店)より 1960年 刈谷市美術館蔵
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)