パリ古書店舞台の恋愛映画『静かなふたり』 イザベル・ユペールの娘が主演

映画『静かなふたり』が10月14日から東京・新宿武蔵野館ほかで公開される。

同作はフランス・パリの古書店を舞台にしたラブストーリー。田舎から来た不器用な女性マヴィと、謎に包まれた過去を持つ古書店の店主ジョルジュが書物を通して心を通わせ、次第に惹かれ合っていく様や、マヴィが自分の人生を選択し、成長する姿を描く。

主人公マヴィ役を演じるのは、イザベル・ユペールの娘で映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』などに出演しているロリータ・シャマ。マヴィと年の離れた老紳士ジョルジュ役をルイス・ブニュエル監督作『昼顔』などのジャン・ソレルが演じる。監督・脚本は『ベルヴィル・トーキョー』のエリーズ・ジラール、撮影監督はエリック・ロメール、ダニエル・シュミット、ジャン=リュック・ゴダールらの作品を手掛けてきたレナート・ベルタが務めている。

今回の発表とあわせて、主演ロリータ・シャマの母であるイザベル・ユペールのコメントが公開。「とても小ぶりな映画。けれど正真正銘の真珠。ロリータの演技に感銘を受けました」と述べている。

作品情報

『静かなふたり』

2017年10月14日(土)から新宿武蔵野館ほかで公開
監督:エリーズ・ジラール 脚本:エリーズ・ジラール、アンヌ=ルイーセ・トリヴィディク 音楽:ベルトラン・ブルガラ 出演: ロリータ・シャマ ジャン・ソレル ヴィルジニー・ルドワイヤン 上映時間:70分 配給:コピアポア・フィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • パリ古書店舞台の恋愛映画『静かなふたり』 イザベル・ユペールの娘が主演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて