世界の「ガツン!とくる映画」紹介する『WEC』、東京&大阪で4作品を上映

上映企画『ワールド・エクストリーム・シネマ2017』が、10月14日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、11月4日から大阪・シネ・リーブル梅田で開催される。

「世界中のガツン!とくる映画集めました。」をテーマに2014年から開催されている同企画。今回のラインナップには、イタリア・ローマにカジノを建設する計画を巡って悪党たちが死闘を繰り広げる『暗黒街』、アイスランド出身のバルタザール・コルマウクルが監督と主演を務め、家族のために完全犯罪を仕掛ける医師を描いた『殺意の誓約』、組織を抜けて小さな村に身を隠した殺し屋のもとに、最悪の殺し屋が差し向けられるというスリラーアクション映画『キラー・セッション』、正義感が強すぎて問題を起こしている刑事・ハビエルと、頭脳明晰でコミュニケーションが不得手なルイスの2人が猟奇事件を捜査する『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件』の4作品。

スケジュールは後日発表。前回に引き続き、全作品を鑑賞すると海外版のチラシがプレゼントされるキャンペーンも実施される。

イベント情報

『ワールド・エクストリーム・シネマ2017』

上映作品: 『暗黒街』(監督::ステファノ・ソッリマ) 『殺意の誓約』(監督:バルタザール・コルマウクル) 『キラー・セッション』(監督:エリック・ヴァレット) 『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件』(監督:ロドリゴ・ソロゴジェン) 東京会場 2017年10月14日(土)~11月3日(金・祝) 会場:東京都 ヒューマントラストシネマ渋谷 大阪会場 2017年11月4日(土)~11月17日(金) 会場:大阪府 シネ・リーブル梅田
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 世界の「ガツン!とくる映画」紹介する『WEC』、東京&大阪で4作品を上映

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて